女性の薄毛対策にはビタミンを摂ろう!おすすめのビタミンと注意点

美肌効果をはじめとした美容にも有効なビタミンは非常に多くの種類があり、髪の健康にも欠かせない栄養素です。

寂しくなってきた頭部が気になるあなたの薄毛対策に是非取り入れたいビタミンの種類とビタミン摂取の注意点について詳しくご紹介します。

薄毛とビタミンの関係は?

まずは薄毛とビタミンの関係性について詳しくご紹介します。ビタミンは摂取することで髪を健康に保つというメリットと、取り過ぎると薄毛を促進するデメリットを持ち合わせています。

ビタミン不足は抜け毛を生む!

栄養素には、体内で作られるものと、体内では作り出されず食事で補う必要があるものがあります。ビタミンは後者にあたります。

ビタミンは、髪を直接作り出すことはしませんが、以下のような様々な働きを持っています。

  • 髪の生成をサポートする
  • 細胞の生成を促進する
  • 細胞の成長を促進する
  • 頭皮のダメージを補修する

このように、ビタミンは髪の健康を守るために欠かせない栄養素だといっても過言ではありません。その為、ビタミンが不足すると頭皮環境は悪化し、抜け毛が起こりやすくなります。

過剰なビタミン摂取は薄毛を促進?

ビタミンは髪の健康に大切である反面、過剰に取り過ぎると思わぬ結果を生んでしまうことがあります。それは“薄毛の促進”です。過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉がありますが、抜け毛を防ぐためにビタミンを摂取したことが逆効果になるとは恐ろしいものです。

詳しくは、薄毛改善におけるビタミン摂取の注意点においてご説明しますが、以下の2点を覚えておいてください。

  • ビタミンAの過剰摂取は頭皮の硬化による薄毛や抜け毛を生む
  • ビタミンEの過剰摂取は胃の消化不良から頭皮の栄養不足を生む

栄養素には、1日の推奨摂取量と限度摂取量が定められています。それらを守って薄毛・抜け毛対策を行うことが大切です。

ビタミンは健康な髪に必須

薄毛とビタミンとの関係をもう少し詳しくご紹介します。

髪の主成分であるタンパク質がなくなると、髪自体が生えてこなくなります。しかしタンパク質は原材料ではあるものの、それだけでは髪の毛は生えません。ケラチンタンパクに合成されることではじめて髪の材料になり得るのです。またビタミンはタンパク質の合成に加えて吸収を促進する役割もあります。また髪が生える土壌となる頭皮を柔軟にかつ健康に保ち、頭皮環境を整えます。

つまりビタミンは健康な髪に必須とされる栄養素だと言えます。

薄毛対策に必須なビタミン学

ビタミンと一言で言ってもその種類は実に13もあり、それぞれに働きが異なります。そこでビタミンの種類ごとに薄毛対策にもたらす効果をご紹介します。

髪に良いとされるビタミンは、ビタミンA・B群・C・Eです。

頭皮の健康に大切なビタミンA・E

ここでは頭皮の健康に大切であるビタミンA・Eに注目してご説明します。

視力維持に効果的なビタミンAの主な作用は、細胞の正常化を保つことです。頭皮は皮膚と同じく3つの層に分かれています。紫外線や乾燥から細胞を守る、水分を保持する、血行悪化によって起こる冷えから守る、といった様々な役割を持っています。その為、細胞が正常に機能することは頭皮の健康に欠かせません。また、起こりがちな乾燥やフケ、痒みからも頭皮を守ります。

血行促進効果のあるビタミンEは、頭皮の硬化改善や頭皮のターンオーバーの正常化を図ります。これはビタミンEが若さを維持する若返りビタミンと言われる所以です。さらに頭皮の細胞を破壊すると言われる過酸化脂質の生成も抑えます。過酸化脂質は過剰に分泌された皮脂が酸化することで発生します。さらに炎症を押さえる効果も持ち合わせていることから、頭皮だけでなく髪自体の老化防止にも繋がります。

頭皮環境を整えるサポート的ビタミンC

ストレス抑制も行うビタミンCは、活性酸素の増加を抑制・抗酸化作用により頭皮環境を整えます。

上記でご紹介したビタミンA・Eのサポートが主な働きです。例えば、細胞質に含まれているコラーゲンやタンパク質の構成を促進します。またストレスが溜まるとお肌に吹き出物がでやすいように、頭皮にも様々なトラブルが発生する為、非常に重要な栄養素です。

ビタミンEとビタミンCを一緒にとると、効果が倍増するとされています。

育毛に欠かせないビタミンB群

育毛に欠かせないビタミンといえば、ビタミンB群です。ビタミンB群とはB1、B2、B6、B12、葉酸、パントテン酸の総称です。特に髪に大切だとされるビタミンの働きをご紹介します。

ビタミンB1 頭皮細胞の活性化
ビタミンB2 毛母細胞の活性化と皮脂量の調節
ビタミンB6 タンパク質の吸収促進

3つの中でも特に育毛に有効なのがビタミンB2・B6ですが、バランスを考えた摂取がお勧めです。

薄毛改善には忘れてはいけないビオチン

最後のご紹介するのはビオチンです。ビオチンというとビタミンでないように感じますが、ビタミンB7とかビタミンHのことであり、れっきとしたビタミンです。

炭水化物、タンパク質、脂質などをエネルギーに変換するサポートを行っています。それによって毛母細胞と頭皮細胞が正常に稼働し、合わせて髪の寿命も延びます。結果、抜け毛などのヘアトラブルも防げます。

ビオチンが薄毛改善プラス育毛に欠かせない理由は以下を読めば一目瞭然です。

  • 毛細血管を拡張し血行促進することで、現在ある髪の毛にも十分な栄養素を届ける
  • 頭皮環境を整え、成長期の毛髪の抜け毛を防ぐ
  • 新しい髪の毛を作り出すために頭皮細胞に血流をたっぷりと届ける

薄毛対策に有効なビタミンの摂取方法

薄毛対策にビタミンが欠かせないということが分かったところで、有効な摂取方法を確認しておきましょう。

どんな食べ物から摂取できる?

まずはどのビタミンがどんな食べ物に含まれているのかをご紹介します。

ビタミンA 豚、牛、鶏の肝臓、たまご、バター、うなぎ、イカ、人参など
ビタミンB2 レバー(牛・豚・鶏)、牛乳、うなぎなど
ビタミンB6 牛レバー、魚類(まぐろ、かつお、さんま)、バナナなど
ビタミンC 緑黄色野菜(ブロッコリー、ピーマンなど)、果物(レモン、いちごなど)など
ビタミンE 黒ゴマ、植物油(ひまわり油、べにばな油など)、アーモンド、魚卵、西洋カボチャなど
ビオチン レバー(牛・豚)、魚類(イワシ、カレイ)、茹でた大豆

また、豚肉にはビタミンB1と良質なたんぱく質が含まれているので非常にお勧めです。

卵黄にはビオチンが豊富に含まれています。ただしアビジンという卵白に含まれているタンパク質が結合すると吸収率を悪くさせてしまいます。つまり取り合わせも大切です。

ビタミンの摂取にはバランスが大事

ビタミンの摂取にはバランスも非常に大事です。

ビタミンそれぞれの効果を見て、ビタミンAが足りなさそうだと、それ単体で取ろうとする人が多いものです。

しかしそれぞれのビタミンの働きは異なりますが、相互に影響してあっています。そこで、どれか一つだけを取るというのではなく、バランスよく摂取するようにして下さい。

栄養素に詳しい方でなければ、栄養素を考えた上で献立を決めるというのは難しいものです。そこで、前述した食材を覚えておき、朝はビタミンAとビタミンC、昼はビタミンB群とビタミンE、夜はビオチンと1日の内で分けてとる方法もあります。

下記に一例をご紹介しますので参考にしてください。

ゆで卵(ビタミンA)、果物(ビタミンC)+牛乳(ビタミンB2)
豚の生姜焼き(ビタミンB1)、おひたし黒ゴマ和え(ビタミンE)
イワシの煮つけ(ビオチン)、大豆人参サラダ(ビオチン、ビタミンA)

サプリメントで効率的に取る!

毎日が忙しくて食事に含まれる栄養素を気に留めることができない方もおられるでしょう。そんな方は、サプリメントを補助的に使用する方法がお勧めです。

もちろんすべてサプリメントで栄養素を補うという手法はあまりお勧めできませんが、足りない栄養素を補うのであれば非常に効率的です。また、サプリメントには1粒当たりビタミンB2が3㎎などと記載されているので取り過ぎる必要もありません。

ただし食事の中にもビタミンは含まれていますので、1日所要量を丸々取るのではなく、サプリメントでは少なめに取ってください。

サプリメントは、持ち歩くこともでき水があればどこででも飲むことが出来る便利な栄養補助食品です。しかし、薬とは違う為、飲んですぐに変化が表れるものではありません。継続して1月、2月と飲み続けることが大切です。

髪やお肌にいい成分をぎゅっと配合したおすすめ育毛サプリメント

マイナチュレサプリの口コミで薄毛・抜け毛対策の効果が評判なので体験談レビュー書いてみました。

2016.09.14

薄毛改善におけるビタミン摂取の注意点

最後に、ビタミン摂取をする際に知っておきたい注意点をいくつかご紹介します。ビタミンは薄毛改善効果だけでなく、身体の健康維持にも重要なビタミンですので覚えておいてください。

取り過ぎに注意したいビタミン

まずは取り過ぎに注意したいビタミンAとビタミンEについてご紹介します。

ビタミンAの過剰摂取は、頭皮の硬化から血行不良を起こし、栄養不足を引き起こします。今生えている髪の毛が、細くなってきたと感じ、短い髪の毛が目立つ場合はビタミンAの過剰摂取の可能性があります。もちろん薄毛や抜け毛も誘発します。

・ビタミンA 摂取上限値は1500μg 1日所要量は600μg

ビタミンEの過剰摂取は、ビタミンAが直接的な影響を髪に与えるのに対し間接的です。まずダメージを受けるのが胃です。過剰に摂取することで胃腸の消化機能が低下し、それに伴い腸での栄養分の吸収が妨げられます。そして、髪や頭皮に栄養が十分行き渡らなくなるのです。

・ビタミンE 摂取上限値は600~800mg 1日所要量は100~300 mg

摂取上限値と1日所要量を覚えておいてください。

水溶性ビタミンか脂溶性ビタミンか?

ビタミンは水溶性と脂溶性の2つに分けられます。水溶性は水に溶けやすく、脂溶性は油に溶けやすいという特徴があります。そして特徴により、食事でとる際に適した調理法がありますのでご紹介します。

水溶性ビタミン(ビタミンB1・B2・B6・B12・C・ビオチン)

水に溶けやすいので、水分も食事と一緒にお腹に入れる、お味噌汁やスープに使用するのがお勧めです。逆に、煮物などはお勧めできません。またお鍋なども〆にご飯を入れてスープまで飲み干すのであればいいのですが、そうでない場合は逆効果です。お汁に栄養分が溶け出してしまうからです。

脂溶性ビタミン(ビタミンA・E)

油に溶けるので、炒め物や揚げ物で摂取するのがお勧めです。この調理法により吸収率が高まります。野菜炒めやレバニラなどにすると、お野菜もたっぷりとれて健康にもいい上に、髪も綺麗になれます。逆に、カロリーを考えて蒸し焼きなどにしてしまうと、吸収率が半減します。

まとめ

薄毛が気になる方にビタミン摂取は欠かせないということ、ただしビタミンA・Eは取り過ぎには注意が必要だという事について詳しくご紹介しました。

薄毛対策にいいことは分かっても、いざ実際の生活に落とし込んでいこうとするとどうしても難しく感じるものです。またすぐに結果が出ないことにやきもきすることもあるでしょう。

まずは難しく感じずに、積極的に多くの種類のビタミンを摂取することを心がけてください。調理方法を少し工夫するだけでも随分と効果は変わります。

身体の中から、頭皮環境や髪の健康を整えるビタミン摂取は、体質改善に近いものがあり効果が期待できます。