頭皮クレンジングで毛穴詰まりをスッキリ!簡単にできるやり方と注意点

頭皮クレンジングは、ヘッドスパや美容室でしかできないと思っていませんか?実は、自宅でも手軽に頭皮クレンジングをする方法があります!そこで今回は、頭皮クレンジングを勧める理由と、頭皮クレンジングのやり方、頭皮クレンジングする際の注意点をお話しします。

頭皮クレンジングがなぜ良いのか

頭皮クレンジングが育毛や薄毛改善に効果的だと言われていますが、それは何故なのでしょうか。頭皮クレンジングをすることによってもたらされる、嬉しい効果を知っておきましょう。

頭皮を綺麗にする

クレンジングCleansingとは、汚れを落とすと言う意味です。ですから、頭皮クレンジングは頭皮を綺麗にして頭皮環境を整えることができます。毎日のシャンプーでは落としきれない皮脂汚れやホコリ、整髪料などの洗い残しも、頭皮クレンジングで綺麗にできますよ。

毛穴をすっきりさせる

頭皮の環境が悪化していると、皮脂汚れやフケなどが毛穴に被さり、髪の成長を妨げてしまう原因になります。頭皮クレンジングをすることで、オイルが毛穴を塞いでいた皮脂汚れを浮かせて除去!毛穴をすっきりさせることで髪の毛が成長しやすい環境に導きます。

血行が良くなる

頭皮クレンジングすると、マッサージ効果があります。オイルをたっぷりつけて頭皮をゆっくりマッサージすることで、頭皮が柔らかくなり血行を促進!髪の成長に必要な栄養や酸素は血管を通って運ばれるので、血行を良くするということは健康な髪を育てるのに大切なことです。

保湿効果

頭皮クレンジングに使えるオイルとして、

これらが挙げられますが、どれも人の皮脂と似た性質があります。シャンプーや乾燥で皮脂の足りていない頭皮も、頭皮クレンジングすることによって保湿することができます。

頭皮トラブル防止

上記に挙げたように頭皮クレンジングは、

  • 頭皮を清潔にする
  • 頭皮環境を整える
  • 血行を良くする
  • 保湿する

これらの効果があります。

頭皮には常在菌の1つとしてカビの一種であるマラセチア菌が存在しますが、フケや過剰な皮脂をエサに繁殖します。このマラセチア菌が繁殖すると、脂漏性皮膚炎というフケや痒みを伴う皮膚炎の原因に。この症状がひどくなると脂漏性脱毛症という、抜け毛を伴う皮膚炎に悪化することもあるんですよ。

頭皮クレンジングは頭皮トラブルのもととなるマラセチア菌の増殖を予防し、髪が育ちやすい環境に導く効果があると言えます。

頭皮クレンジングのやり方

ヘッドスパや美容室に頭皮クレンジングのメニューがありますが、サロンに通うのは時間もお金もかかります。そこで!自宅で簡単にできる、頭皮クレンジングのやり方を紹介します。

頭皮クレンジングの手順

  1. 髪をブラッシングして、余分な皮脂やホコリを落とします。この時、硬いブラシではなくクッションブラシなどの頭皮に優しいブラシを使ってください。
  2. クレンジングに使うオイル(500円玉くらいの大きさ)を指先で頭皮に塗布していきます。たっぷり目の方がマッサージしやすいので、足りなければ少しずつ足しながら全頭に塗布しましょう。
  3. 髪の生え際、耳の上、後頭部を、指の腹を使って、頭頂部に向かって滑らせるように指圧マッサージをします。爪を立てると頭皮が傷ついてしまうので、指の腹でやさ~しく!
  4. マッサージが終わったら、ぬるま湯で洗い流します。その後はいつも通りシャンプーとコンディショナーで完了!

頭皮クレンジングの注意点

自宅で簡単にできちゃう頭皮クレンジング。目安は週に1~2回行うのが望ましいのですが、気を付けて欲しいことがいくつかあります。

  • オイルが肌に合わなかったらすぐに使用を中止する
  • 爪は立てず、指の腹でマッサージする
  • マッサージは優しく!力を込めすぎない
  • 5~10分で終わらせること

いくら安全性の高いオイルでも、人には合うものと合わないものがあります。また、やり方によっては頭皮を傷つけてしまう原因に!頭皮と髪に良かれと思ってした頭皮マッサージが、頭皮トラブルのもとにならないように、これらのことに注意してくださいね。

頭皮クレンジングに使えるオイル

頭皮クレンジングに使えるオイルにはいくつかの種類があります。しかし、初めてチャレンジする女性にとっては、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね!そこで、頭皮クレンジングに使えるオイルのそれぞれの特徴をまとめてみました。

ホホバオイル

ホホバオイルのワックスエステルという成分は、人の皮脂に近いので肌の皮脂バランスを整えることができます。医療の現場で使われるほど安全性が高く、浸透率が高いことと抗酸化作用があることからアンチエイジングにも良い効果をもたらすと言われています。

椿油

椿油は髪の洗い流さないトリートメントとして愛用している女性も多いと思いますが、椿油に含まれるオレイン酸という人の皮脂に近い成分は髪以外の全身に使用することが可能です。肌なじみが良く酸化しにくいので、マッサージに適したオイルだと言えます。

オリーブオイル

料理にオリーブオイルを使っている女性も多いと思いますが、オリーブオイルはスキンケアにも適したオイルです。オレイン酸という人の皮脂に近い成分が頭皮の汚れを浮かせ、保湿効果も高いことで乾燥肌対策にピッタリ。食品用のオリーブオイルでも、エキストラバージンオイルという酸化しにくい種類であればスキンケアにも使えますよ。

スクワランオイル

スクワランオイルはサメから抽出される、人の肌にも存在する成分。肌のバリア機能を担う成分の1つであり、化粧品やサプリメントにも使われています。滑りが良く安全性の高い天然の保湿成分であり、固まりにくく参加しにくいという特徴からマッサージにも最適です。

オイル名 硬さ 肌質 香り オイルの特徴
ホホバオイル 全てに対応 ワックスエステルという人の脂質に近い保湿成分を含み、保湿や浄化作用がある。無精製がおすすめ。
椿油 全てに対応 オレイン酸という人の皮脂に近い保湿成分を含み、保湿効果があります。
オリーブオイル 乾燥肌
年齢肌
乾燥やエイジングが気になる肌対策に適しているオイル。日焼けによるシミ予防にもGOOD。
スクワランオイル 敏感肌 スクワランという人の脂質に近い保湿成分を含み、滑りが良いのでマッサージにピッタリ。

頭皮クレンジングにはホホバオイルがおすすめ

頭皮クレンジングに使うオイルは、普段使っているオイルがあればそれでも構いません。あらかじめ自分の肌に合ったオイルを使った方が安心ですね。しかし、オイルなんて使ってない!何を使ったらいいの!?という人には、ホホバオイルがおすすめ!

ホホバオイルは砂漠から摂れる黄金の液体とも呼ばれ、医療で使われるほどの安全性と低刺激性、防腐剤がいらないほどの抗酸化作用、人の皮脂に近い保湿性があります。中でもおすすめは、透明なホホバオイルではなく金色のホホバオイル。精製されていないことで、頭皮や髪に良い成分がちゃんと残っているのです。

オーガニックホホバオイル

世界最高権威フランス有機認証機関、ヨーロッパ統合有機認証機関のオーガニック認定。NATURAL ORCHESTRAの最高品質「オーガニックホホバオイル」
ナチュラルオーケストが販売するオーガニックホホバオイルのすごいところは、最高権威フランス有機認証機関とヨーロッパ統合有機認証機関の2機関から100%オーガニックとして正式に認定されている、日本唯一の上質なホホバオイルであるということ。

もちろん、精製されていないコールドプレスで抽出された金色のホホバオイル!頭皮クレンジングはもちろんのこと、ニキビや吹き出物、アンチエイジング、アトピーなどを改善するスキンケアとしても活躍してくれますよ。身体全体に使える上質なホホバオイルは、1つはキープしておきたいスキンケアアイテムですね。

まとめ

頭皮クレンジングは、頭皮トラブルや抜け毛の原因になる頭皮環境の悪化、血行不良、乾燥から守る効果があります。油と油がなじみやすいという性質を利用して、オイルと皮脂汚れをなじませて毛穴をすっきりきれいにし、保湿までできるので週1~2のスペシャルケアとして取り入れたいですね。

特にホホバオイルは低刺激なので身体全体に使え、子供から大人まで家族みんなで使える優れモノ。ホホバオイルはワックスエステルという人の脂質に近い保湿成分を含んでいるので、季節や加齢によって乾燥した頭皮をバランスよく潤してくれるのでおすすめですよ。