TAG ニコチン酸アミド

ニコチン酸アミドの概要

ニコチン酸アミドは別名ナイアシンアミド、ビタミンB3と呼ばれ、ビタミンの1種。ニコチン酸には皮膚や粘膜を正常な状態にキープしたり、血行を促進したりする働きがあります。妊娠や出産または病気によってニコチン酸が不足すること、ペラグラ(下痢、吐き気、皮膚炎)という病気や口内炎、皮膚湿疹を発症することもあります。

通常はそこまでビタミン不足に陥ることはありませんが、これらの症状に治療薬として使われているのがニコチン酸アミドという成分です。レバーなどの肉類や豆製品にもニコチン酸アミドが多く含まれているので、過度のダイエットや偏食によってビタミンが不足している人はまず食品から摂取することが大切です。

ニコチン酸アミドの育毛効果

ニコチン酸アミドの育毛効果は、

  • 血行促進
  • 抗炎症作用
  • 毛母細胞を活性化
  • 毛細血管の拡張

ニコチン酸が不足すると、皮膚や粘膜を正常な状態にキープできなくなって抜け毛や薄毛を招きます。ニコチン酸アミドで不足しているビタミンBを補給してあげることで、毛細血管を広げて血行を促進しもう細胞を活性化させることができるんですね。

口内炎や肌荒れなど、ニコチン酸が足りていないと分かる症状がある人は、頭皮の状態も良くない可能性が大。特に薄毛が気になってきたという人は、ニコチン酸アミド配合の育毛剤を使用することでハリコシのある髪の毛へと導いてくれますよ。

ニコチン酸アミドの副作用

育毛剤に含まれている容量のニコチン酸アミドは、特に副作用の心配はなく安心して使える成分です。しかし、多量に摂取してしまうと、頭痛や吐き気などの副作用が現れることがあります。ニコチン酸アミドを内服薬などからも服用している人は、過剰摂取になってしまう事もあるので医師に相談してから使用しましょう。

薬用育毛剤「花蘭咲」が口コミで薄毛と抜け毛に効果ありと評判なので実際に使って体験レビュー書いてみました!

エビネ蘭の根から抽出したエビネエキスを使った薬用育毛剤「花蘭咲」古来より、生薬としても用いられてきたエビネエキスは、とにかく血行促進力がすごいらしく、口コミサイトでも塗った瞬間からポカポカ温まると評判だったので気になったので、花蘭咲を実際に使用してみました。