TAG β-グリチルレチン酸

β-グリチルレチン酸の概要

マメ科の植物である甘草という植物の、根っこから作り出される天然由来成分グリチルリチンを加水分解してできた成分がβ-グリチルレチン酸です。飲みにくい薬の味を調節する調味料としても使われ、胃潰瘍の治療薬でもあります。殺菌作用に優れていることから、腋臭の臭い菌にも効果的だと言われています。

β-グリチルレチン酸の育毛効果

β-グリチルレチン酸の育毛効果は、

  • DHTの抑制
  • 殺菌作用
  • フケ痒み予防
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 頭皮環境の改善

β-グリチルレチン酸は育毛の効果があるというよりも、育毛に最適な頭皮環境を整える効果があると言えます。DHTという男性ホルモンは、受容体に抜け毛信号を発して抜け毛を起こします。β-グリチルレチン酸はこのDHTの働きを阻害するので、抜け毛を予防することができるのです。

また、優れた殺菌作用で頭皮の炎症などのトラブルを防ぎ、フケ痒みなどの抜け毛の原因を予防・修復することができます。

β-グリチルレチン酸の副作用

内服薬によるβ-グリチルレチン酸の副作用としては、血圧の上昇や身体のむくみなどがあります。育毛剤の成分としてのβ-グリチルレチン酸は、副作用の心配は殆どないと言って良いでしょう。しかし、既に内服薬からβ-グリチルレチン酸を服用しているという場合には、使用前に医師に相談するようにしましょう。