TAG 育毛成分「CTP」

育毛成分「CTP」の概要

育毛成分「CTP」とは、もともとリンゴなどの果樹園で使われていた植物の成長促進剤でした。当初は白髪予防に効果的な成分の研究をしていた三省製薬により、育毛成分「CTP」の育毛効果が発見され研究が繰り返されました。今では厚生労働省からも認められ、育毛剤に配合されるようになり、安全性が高く副作用が少ないことから注目されている成分です。

育毛成分「CTP」の育毛効果

育毛成分「CTP」の育毛効果は、

  • BMPの生産を助ける
  • 毛母細胞のサポート
  • 髪にハリコシを持たせる
  • 抜け毛予防
  • 白髪予防

女性の薄毛で1番多いと言われているのがびまん性脱毛症。更年期障害や過度なダイエットなど、女性ホルモンの分泌が減少することで抜け毛や薄毛の症状が現れます。他にも、産後の体力回復が思わしくないことで、分娩後脱毛症からびまん性脱毛症へと移行してしまう事も。

女性ホルモンの減少は、毛母細胞の細胞分裂を促すBMPの生産も減少させます。そこで、女性ホルモンと関わりの深いBMPを、育毛成分「CTP」によって増やしてあげると、毛母細胞が活性化して髪の生成や成長を助けてくれるのです。

三省製薬の研究によると、育毛成分「CTP」は、BMPの生産を35%も増加させたという結果が出ています。育毛成分「CTP」は、発毛育毛に作用する、特に女性で薄毛に悩んでいる人におすすめの成分だと言えますね。

育毛成分「CTP」の副作用

育毛成分「CTP」は副作用の心配は殆どないと言えます。しかし、育毛剤には添加物や他の成分がアレルギーを起こしてしまう可能性もあるので、育毛剤を使う時は頭皮を良く観察しながら使うようにしましょう。