TAG 塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムの概要

本来は胃腸系疾患の治療に使われていた塩化カルプロニウムですが、その血行促進作用が育毛にも効果的ということで育毛剤の有効成分として配合されるようになりました。医療用は5%と高濃度なのに対し、育毛剤に配合される塩化カルプロニウムは1~2%と低濃度で配合されています。塩化カリプロ二ウムは、医薬品として有効成分に認定されています。

塩化カルプロニウムの育毛効果

塩化カルプロニウムの育毛効果は、

  • 血行促進
  • 血管を広げる

生活習慣や食生活、運動不足、年齢によって血行が悪くなると、髪の毛を作ったり伸ばしたりする毛母細胞に栄養や酸素が届かなくなってしまいます。そこで、胃腸薬として使われていた塩化カルプロニウムの血行促進効果を利用して、血流を改善し毛母細胞を活性化させる育毛剤が開発されました。

血行を促進させて育毛を促す育毛剤の成分としてミノキシジルが有名ですが、ミノキシジルは男性型脱毛症に効果的なの対し、塩化カルプロニウムは女性男性型脱毛症や円形脱毛症にも効果的だと言われています。

塩化カルプロニウムの副作用

塩化カルプロニウムの配合されている育毛剤で起こり得る副作用は、頭皮の痒みやかぶれ、発汗、痛み、刺激などがあります。このような症状が現れたり感じたりしたときは、ぬるま湯で洗い流しましょう。それでも治まらない場合には、医師の診察を受けることをおすすめします。

天然由来の成分ではなく、化学成分なので全く副作用の心配がないという成分ではありません。しかし、他の医薬品として有効成分に認められているミノキシジルや、フィナステリドに比べると副作用は少ない成分です。しかし、副作用の可能性がある以上、用法容量は守って正しく使うことが大切です。