洗髪する頻度の正解は?抜け毛を防ぐ理想のシャンプー回数

皆さんは髪の毛を週に何回くらいシャンプーしていますか?毎日という女性もいれば、そうではない女性もいるでしょう。毎日洗った方がいい!や、毎日は髪が傷む!など、インターネット上には様々な情報が飛び交っていますね。ここでは、正しい洗髪頻度で抜け毛を防ぐ方法について紹介します。

洗髪はどのくらいの頻度でしてる?

なかなか人の洗髪回数を聞くことってないですよね。そこで、世界各国の平均洗髪回数を調査した2014年に発表されたEUROMONITOR INTERNATIONAL の資料を見つけました。ここには各国のシャワー回数と洗髪回数平均を見ることができます。


出典:Average Showers and Shampoos by Country

グラフの見方は、横が週にシャワーを浴びる回数。縦が洗髪する回数です。日本の平均数値を見てみると…シャワーは5回強で、シャンプーは4回強になっています。ほぼ毎回シャワーを浴びるタイミングで洗髪しているということになりますね。

因みに、これは男女を対象にした調査結果なのですが、別の調査結果では男性より女性の方は洗髪頻度が高いという結果になっています。ということは、ほぼ毎日のシャワーで毎日洗髪しているのが、日本女性の平均とも言えますね。それにしても、世界基準で見比べると日本人は一週間に髪を洗う頻度が高い!

洗髪する頻度の正解

日本人女性はほぼ毎日洗髪していますが、他の国々ではメキシコのように週6回強という洗髪頻度の高い国や、インドのように週2回強という洗髪頻度が低い国もあります。

EUROMONITOR INTERNATIONAL の資料に示されている世界の平均洗髪回数は、3回強という結果になっていましたね。では、一体どのくらいの頻度で洗髪をするのが正解なのでしょうか。

洗髪頻度に正解はない?

実は、洗髪頻度に正解はないのです。人によって乾燥肌や脂性肌の人がいるように、頭皮に溜まる脂質の量は違います。頭皮が乾燥しがちな女性には毎日のシャンプーはやり過ぎと言えますし、脂性肌の女性は毎日洗髪しないとニオイやべトつきが気になるようになってしまいます。

皮膚科医が進める洗髪頻度は3日に1回

実は、皮膚科医が進める洗髪頻度は3日に1回!しかし、これは頭皮が乾燥するでも脂っぽいでもない、普通肌の女性に適した頻度だと言った方が良いでしょう。また、この洗髪頻度というのは「シャンプー剤を使った洗髪頻度」を指しています。

スタイリング剤の使用によっても洗髪の回数は変わる

女性の中には、仕事柄毎日髪をきちっとスタイリングしているという人もいるでしょう。その際、スタイリング剤を使用しているのなら、就寝前にシャンプー剤で綺麗に洗う必要があります。スタイリングがついたままの頭は、頭皮の毛穴を塞いで、髪の成長を妨げてしまう恐れがあります。

2回に1回は湯シャンがおすすめ

毎日シャンプーしていた女性にとって、いきなり「毎日のシャンプーはやり過ぎ!」と言われても汚いままの髪の毛はなんだか気持ち悪いですね。そこで、シャンプー剤を使わない湯シャンについて説明します。

湯シャンとは

シャンプーはシャンプー剤の洗浄成分を利用して洗髪するのに対し、湯シャンはお湯だけで頭皮に付いた皮脂汚れを洗う方法です。余計な皮脂をそぎ落とす心配がなく、適度な潤いを保つことができるので薄毛や抜け毛対策に適していると注目が集まっています。

毎日シャンプー剤を使っていた女性は、頭皮自身で皮脂バランスを整えることが難しくなっています。湯シャンを取り入れてしばらくは頭皮のにおいやべトつきが気になりますが、頭皮が湯シャンに適応してくるとそれらの問題も気にならなくなります。

湯シャンの仕方

湯シャンは、ただお湯でガシガシ洗えばいいというものではありません!湯シャンの正しいやり方を一通り知ってからトライするようにしましょう。

  1. 乾いた髪をクッションブラシで梳かし、余計なホコリや皮脂汚れを払い落とす
  2. 33~34度のぬるめのお湯で髪全体を濡らす
  3. 指の腹で優しくマッサージしながら頭皮を洗う(エアギターならぬエアシャンプー!)
  4. 湯シャンは全体で5分以内に終わらせる
  5. きしみが気になる人は、小さじ2分の1のクエン酸かお酢を薄めたお湯を毛先に塗布
  6. お湯で一通り流したら、すぐにしっかり乾かします

湯シャンの注意点

湯シャンは決して難しいことではありませんが、間違えたやり方をすると逆に抜け毛を招く原因にもなるので注意!

洗髪前には必ずブラッシングを

シャンプー剤には指通りを良くするコーティング剤が含まれているものが多く、シャンプーしている時にきしむということはありませんね。しかし、湯シャンの際は髪がきしんで絡まりやすいので、乾いている状態の時に必ず梳かしておきましょう。

爪を立てない

湯シャンの際に爪を立てると、頭皮が傷ついて炎症や毛根が傷つく原因になります。洗髪は指の腹を使い、シャンプーブラシは頭皮を傷つける可能性が0ではないので使用しない方が良いでしょう。

スタイリング剤は落ちない

スタイリング剤がついている時の頭髪には、湯シャンは向いていません。お湯だけではワックスなどの汚れは落ちないので、スタイリング剤を使った日はシャンプー剤を使って洗髪しましょう。

洗い過ぎはNG

なんでもやり過ぎは良くない!洗わないでいるのは頭皮環境を清潔に保てなくなりますし、洗いすぎると必要な皮脂まで失ってしまうことになります。このような事態を防ぐためにも、シャンプー剤の見直しは大切なこと。頭皮に優しく刺激の少ないシャンプーを使いましょう。

haru 黒髪スカルプ・プロ
haru 黒髪スカルプ・プロのシャンプーは、100%天然由来で安心の低刺激なのに、アミノ酸洗浄成分で泡立ちはバッチリ!女性のために作られたシャンプーだから、女性の薄毛原因にアプローチできる発毛育毛成分が8種類配合されています。

更に、ヘチマンなどの白髪予防に適した白髪ケア成分を4種類配合しています。ここまで女性の頭皮や髪に優しいシャンプーなのに、洗い上がりはとってもスッキリ!

30日間は返金保証がついているので、合うか合わないか心配な人でも気軽にトライできますね。

haruシャンプー黒髪スカルプ・プロの口コミで薄毛・白髪・抜け毛への効果が評判なのでお試しして体験談書いてみました。

2016.02.11

まとめ

日本人女性はほぼ毎日シャンプーするという人が多いようですが、毎日シャンプーすることが正解の洗髪頻度というわけではありません。人それぞれ頭皮の肌質や生活習慣によって、適した洗髪頻度があります。自分に合った洗髪頻度を探るためにも、2日に1回の湯シャンから始めてみてはいかかでしょうか。

湯シャンの方法はいたって簡単なので、今日からでも始められそうですね。ただし、湯シャンはシャンプーのように頭皮の汚れをすべて落とすことは不可能なので、洗髪前のブラッシングが必要。また、スタイリング剤がついている時は湯シャンではなくシャンプー剤を使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です