プロペシアを女性が使ってはいけない理由とは?

育毛剤に含まれている有名な成分として挙げられるのは、ミノキシジルやプロペシアが挙げられます。プロペシアについては、日本では数少ない医薬品服用薬で効果も臨床試験によって明らかにされています。

しかし、女性は使うことができないんです!今回は、プロペシアを女性は使うことができない理由についてお話します。

使ってはいけない理由

女性がプロペシアを使用してはいけない理由は、この薬の効果効能が女性の身体に悪影響を与えるからです。では、どんな悪影響を与えるのでしょうか。

胎児や乳児に悪影響を与える

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、ジヒドロテストステロンという抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制する働きを利用してAGA男性型脱毛症を治療します。プロペシアは成人男性が飲む分には問題ないのですが、女性が飲むのはとっても危険!

もし、女性がプロペシアを服用または触ってしてしまい、お腹に小さな命が宿っていたら?しかも胎児の性別が男の子だったら?男性ホルモンを抑制する働きが胎児にも影響し、生殖機能が十分に発達できなくなってしまうんです。

授乳中も同じです。母乳を介して乳児の体内にフィナステリドが入ってしまうと、生殖機能に影響を与えることになりますよ。

また、成長過程にいる男児も誤って飲み込んでしまったり触ったりしてしまうと、生殖機能の発達異常が生じると言われています。家族がプロペシアを服用している場合、女性は絶対に触らないように気をつけてくださいね。

因みに、プロペシアを服用中の男性との間にできた子供には問題はありませんのでご安心ください!ただし、プロペシアの副作用として性欲減退や勃起不全が報告されているので、妊活中の夫婦には厄介な副作用だと言えますね。

女性の薄毛や抜け毛には効果がない

妊娠中や授乳中の胎児が女の子だったリ、女児であれば影響がないってこと?と思われがちですが、男児には特に影響が現れやすいというだけで女児にも影響はあります!

女性も女性ホルモンの他に男性ホルモンも持ち合わせていますから、ホルモンに何らかの悪影響を与えることで婦人科系の疾患の原因になる可能性は否めません。

そして何よりも、女性がプロペシアを飲んだところで効果はない!というのが、今の医学では常識になっているんです。臨床試験結果もなく、医者も勧めない、副作用のリスクが強い育毛薬をあえて服用する必要はありませんね。

そもそもプロペシアとはどんな薬か

プロペシアが女性に効かないなんて!プロペシアの効果で薄毛を改善している男性を見ると、なんだか納得がいきませんね。では、そもそもプロペシアとはどんな薬なのでしょうか。

前立腺の病気治療のために開発された薬

プロペシアの主成分フィナステリドは、AGA治療薬ではなく前立腺肥大を治療するために使われていた薬です。前立腺肥大の患者から、AGAの改善が見られたことから薄毛治療薬として開発されたのがプロペシアなんですね。

医薬品なので、医師の処方でのみ手に入れることができます。また、副作用として、性欲の減退や勃起不全、乳房の女性化、胃の不快感、肝機能障害があります。服用できるのは成人男性のみであり、子供や女性は使用できません。

有効成分フィナステリドの働き

前立腺肥大症の薬といわれても、女性の私たちにとっては「何のこと?」って感じですよね。前立腺肥大というのは、ホルモンバランスが崩れることで膀胱の下、尿道の両脇にある前立腺が加齢によって肥大化する症状です。

フィナステリドは、男性ホルモンが前立腺に作用するのを抑えることで肥大化をストップさせる薬。AGAは男性ホルモンであるテストステロンが、5αリクターゼによってジヒドロテストステロンに変換されることで起こる脱毛症です。

フィナステリドの男性ホルモンの作用を抑える働きが、AGAの脱毛症状にも嬉しい影響を与えてくれたということです。

つまり、男性型脱毛症(AGA)の治療薬

女性はもともと男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が多く分泌されており、男性特有の脱毛症とは別物です。男性の脱毛症は抜け毛に影響のある男性ホルモンが増加することで起こりますが、女性は女性ホルモンが減少することで起こっているんです。

つまり、男性ホルモンに作用する薬は男性用の薬ということ。女性が服用しても副作用のリスクだけで効果が期待できないのは、このためなんですよ。

家族がプロペシアを服用している時の扱い方

夫や兄弟、息子、彼氏が服用しているという人もいるでしょう。妊娠中、授乳中、子供がいる人は特に注意しましょう。
家族にプロペシアを服用している人がいる人は、

  • いっしょに服用しない
  • 絶対に触らない
  • 子供の手の届かない場所に置く

毎日、夫が服用する薬を出しておいてあげているんだという人は、その薬が何の薬なのかを知っておきましょう。フィナステリドだった場合は、絶対に触らないようにして子供のいる部屋では出さないようにしましょう。

女性が使える唯一の服用タイプ医薬品薄毛治療薬パントガールとは

プロペシアが使えなくても、女性が服用できるパントガールという服用タイプの医薬品薄毛治療薬があります。

パントガールとは

女性の抜け毛治療薬として作られた薄毛治療の内服薬で、主成分はパントテン酸カルシウムです。

ストレス、ホルモンバランスの崩れ、ダイエット、行き過ぎたスカルプケア、老化による抜け毛、ピルの副作用などによる、女性特有の頭全体が薄くなるといった抜け毛症状に効果があります。

パントテン酸カルシウムの効能

パテント酸カルシウムはビタミンB5に分類されています。通常は小麦類や肉類を食べることで不足することはありませんが、産後などはパントテン酸が欠乏することがあります。

また、抗ストレス作用、代謝の改善、皮膚や髪を正常に保つ作用があり、女性の抜け毛を改善する効果があります。

パントガールの副作用

日本だけでなく世界各国で使われているパントガールですが、今のところ副作用の報告はされていないようです。敢えて言うならば、初期脱毛の症状にビックリしてしまうかもしれません。

初期脱毛というのは、ヘアサイクルが正常に戻る時に起こる脱毛の症状です。今までサイクルが乱れて退行期や休止期に入っていた毛母細胞が、成長期に入ることで新しい髪が下から生えてきます。この新しい毛に押し出されて古い髪が抜ける現象が、初期脱毛。

髪を生やしたくて服用したのに逆に脱毛してしまっては不安になりますが、これは薬の効果が現われてきている証拠としてとらえましょう。

女性はプロペシアに触らないで!

女性がプロペシアを服用できない理由が分かりましたね。服用できないというよりも、服用する意味がない上に妊娠中の女性や子供に危険を与える薬といっても過言ではありません。リスクを冒してまで女性に効果のない薬に頼るのは、絶対にやめましょう。

また、家族でプロペシアを服用している男性がいる場合には、薬の管理に細心の注意を払い妊婦や子供が触ったり誤って飲んだりしてしまうようなことがないように気をつけてくいださい。

今では、パントガールなどの女性特有の脱毛症のために作られた治療薬も販売されていますが、薬だけに頼らず生活習慣の見直しや食生活の改善も大事なことですよ。

もし、医薬品を使って本気で薄毛を解決したいなら、医師の処方のもと自分の抜け毛原因に合った安全な治療薬で安心して治療したいですね。