抜け毛ケア育毛剤おすすめランキング!女性の抜け毛の平均本数と要注意な抜け毛

シャンプー後の排水溝や寝て起きた時の枕の上に落ちている髪の毛を見てビックリ!こんなに髪の毛が抜けてしまった!ということはありませんか?

そこで今回は、抜け毛ケアにおすすめの育毛剤と、女性の抜け毛は何本までなら正常なのか、どんな抜け毛に注意しなければならないのかを紹介します。

抜け毛ケア育毛剤おすすめランキング

マイナチュレ

マイナチュレ

  • 医薬部外品定期購入無香料無添加返金保証送料無料
分類 医薬部外品
効果・効能 育毛、薄毛の予防、フケ、かゆみ、病後・産後の脱毛、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、養毛
内容量 120ml(約1ヶ月分)
定価 5,095円(税抜)
初回割引価格 980円 定価より4,115円お得!
定期価格 4,742円
送料 650円(定期コースの場合は無料)
返金保証 180日間全額返金保証

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤

  • 医薬部外品定期購入無香料無添加返金保証送料無料
分類 医薬部外品
効果・効能 育毛、養毛、薄毛、毛生促進、発毛促進、脱毛の予防、かゆみ、ふけ、病後・産後の脱毛
内容量 80ml(約1ヶ月分)
定価 5,980円(税抜)
初回割引価格 3,980円 定価より2,000円お得!
定期価格 4,980円
送料 無料
返金保証 90日間全額返金保証

フローリッチ

フローリッチ

  • 医薬部外品定期購入送料無料
分類 医薬部外品
効果・効能 発毛促進、毛生促進、育毛、養毛、薄毛、ふけ、かゆみ、脱毛の予防、病後・産後の脱毛
内容量 120ml(約1ヶ月分)
定価 5,400円(税抜)
初回割引価格 2,700円(税抜) 定価より2,700円お得!
定期価格 4,860円(税抜)
送料 無料
返金保証 7日間※原則未開封

花蘭咲

花蘭咲

  • 医薬部外品定期購入無香料
分類 医薬部外品
効果・効能 育毛、薄毛、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、かゆみ、病後・産後の脱毛、養毛
内容量 120ml(約1ヶ月分)
定価 7,000円(税抜)
初回割引価格 2,400円 定価より4,600円お得!
定期価格 4,800円
送料 全国一律500円
返金保証 なし

長春毛精

長春毛精

  • 医薬部外品定期購入無香料天然成分返金保証送料無料
分類 医薬部外品
効果・効能 発毛促進、毛生促進、育毛、養毛、薄毛、かゆみ、ふけ、脱毛の予防、病後・産後の脱毛
内容量 60ml(約1.5~2ヶ月分)
定価 6,600円(税抜)
初回割引価格 1,000円 定価より5,600円お得!
送料 無料
返金保証 なし

抜け毛の正常値はどのくらい?

実は、女性の抜け毛の正常値を表すのはとっても難しいのです。例えば、まつ毛が濃い人と薄い人がいますよね?濃い人は片目に200本以上のまつ毛がありますが、薄い人は片目で20本程度しかない人もいます。それなのに、1日平均5本程度は抜けます!なんて言われたら濃い人は余裕でも、薄い人は大変!

髪の毛も同じで、人によっても年齢によっても髪の本数は違います。ですから、ここではあくまで平均値での本数を紹介しますね。

・平均の髪の本数…10万本
・平均の女性の抜け毛本数…1日100本

思ったよりもたくさん抜けるのね!?というのが正直な感想ですよね。毛の生え代わりの時期と言われている秋は、さらに2倍の200本抜けるそうですよ。とはいえ、1日に200本抜けても正常な人もいれば、50本抜けただけで薄毛になってしまう人もいるので、本数から正常か異常かは見定められないというのが結論です。

ヘアサイクルの仕組み

髪の毛が抜けるとショックだし、薄毛になっていくのを目の当たりにしているようでストレスですよね。しかし、抜け毛は、正常なヘアサイクルの1つでもあることを忘れてはいけません。では、ヘアサイクルとはいったいどんなものなのでしょうか。

ヘアサイクル(毛周期)

成長期

発毛してから髪が伸びている間の期間

退行期

髪の成長が緩やかになり、生え変わりの準備期間

休止期

髪の成長が休止して、髪の毛が抜け落ちている期間

ヘアサイクルは成長期→退行期→休止期→成長期→退行期→休止期というように繰り返されます。ですから、休止期に入って髪が抜けるのは正常なことなのです。しかし、何らかの原因で成長期が短くなったり、休止期が長くなったりすると女性の薄毛が起こるのです。

異常な女性の抜け毛とは

抜け毛の本数からは異常か正常かを見極めるのは難しい!しかし、抜けた髪の状態を良く確認することで、異常な抜け毛か正常な抜け毛かを見極めることができます。

チェックする場所は毛根!

ぷくっと膨らんだ毛根がついている

正常な状態の抜け毛です。栄養も届いているし、頭皮環境も良いと言えます。

毛根がない

かなり頭皮環境が悪化している可能性が大です。自分でできる生活習慣の見直しとともに、病院で診てもらうことをおすすめします。

毛根の膨らみが小さい

頭皮環境などの影響で、成長期が短くなっている可能性があります。早急に女性の薄毛対策を行いましょう。

皮脂がついている

皮脂が多くなっていることで抜け毛を招いているのかも。脂漏性皮膚炎や粃糠性皮膚炎は脱毛症にもつながるので、皮膚科の受診をおすすめします。

いびつな形をしている

円形脱毛症かもしれません。悪化すると難治性の円形脱毛症に進行してしまうこともあるので、頭髪専門クリニックや皮膚科を受診しましょう。

女性の抜け毛が増える時期

女性には、いつもよりも抜け毛が増えやすい時期があります。その時期を前もって知っていることで、抜け毛が起きても焦らずに対策することができますね。

動物が体毛を、夏仕様から冬仕様に生え変わる時期が秋です。また、夏の紫外線ダメージによる抜け毛が起こるのが、秋だと言われています。ですから、夏に受けた紫外線ダメージが大きかった人は、秋の抜け毛とのダブルパンチでたくさんの髪が抜けてしまう原因に!

出産後

妊娠中の身体は、妊娠を継続させるために女性ホルモンで満たされています。そのため、妊娠中はエストロゲンの働きで髪の成長期が長くなります。しかし、出産後はヘアサイクルが元に戻るので、抜けるはずだった髪の毛が一斉に抜け始めます。通常は半年から1年で治まるので、異常な抜け毛ではありません。

更年期

閉経を迎える50歳の前後45歳から55歳は、更年期と呼ばれ、閉経に向けて女性ホルモンの分泌が急激に減少する時期です。髪の成長期を伸ばし髪のハリツヤを保っていたエストロゲンが減少することで、抜け毛が起こりやすくなります。

女性の抜け毛を予防・改善するにはどうしたらいい?

抜け毛を予防したい人も、抜け毛がすでに始まっている人も症状を悪化させないためにどんなことができるのでしょうか。

女性ホルモンを補う

健康な髪を作るために欠かせない女性ホルモンは、エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンで補うことができます。大豆イソフラボンは大豆製品である、納豆、豆腐、きな粉、みそ、醤油などから摂取できますが、難しい場合にはサプリメントからも簡単に取り入れることが可能です。

シャンプーの見直し

頭皮環境を清潔にするためのシャンプーの刺激が強いと、逆に乾燥や頭皮トラブルなどを招いてしまうことがあります。シャンプーには洗浄力が強いけれど添加物の含まれていることが多い高級アルコール系、肌に優しいけれど洗浄力の弱いアミノ酸系、敏感肌に優しいけれど洗浄力の強い石鹸系のシャンプーがあります。

自分の頭皮のタイプに合ったシャンプー剤を使うことで、頭皮のトラブルを避けて頭皮環境を整えることが可能です。

適度な運動

髪の発毛や育毛に必要な要素に、血行促進やストレス解消があります。運動不足で凝り固まった身体は、血行を悪くして髪に栄養や酸素が行き届くのを阻止し、ストレスによって自律神経のバランスが崩れれば血管が収縮して血行を悪くします。

運動をすることによって、これらの問題が解消されるのは言うまでもありませんね。運動と言っても激しい運動ではなく、リラックスして誰にでも始められるウォーキングやヨガなどの有酸素運動が効果的!できる範囲で無理なく運動を始めてみましょう。

紫外線ケア

紫外線ダメージを受けた頭皮は乾燥しやすく、乾燥した地肌は硬くなって頭皮の血行を悪くします。秋に抜け毛が多くなるのも、夏に受けたダメージが原因の1つとして考えられます。顔に日焼け止めを塗るように、頭皮も帽子を着用したりUVカット効果のあるスタイリング剤を使用したりして紫外線から守りましょう。

女性用育毛剤でスカルプケア

健康な髪の毛は健康な頭皮から育ちます。そのためには、毛母細胞を活性化させたり育毛させたりする成分の入った女性用育毛剤を使うのがおすすめ。

病院に行こう

抜け毛の本数が気になる…気になって気になってストレスが溜まるくらいなら、病院で医師に相談しましょう。ストレスは、女性の抜け毛を悪化させる原因の1つです。もしかしたら季節性のものではなく、円形脱毛症などの治療が必要な脱毛症だったりする可能性もあります。

皮膚科でも診察を受けることが可能ですが、頭皮専門クリニックの方が薄毛治療の設備が整っており、頭髪に特化した知識を持った医師がいるのでおすすめです。

女性の薄毛治療専門のクリニックはこちらから

まとめ

人によって生えている髪の毛の量が異なるので、抜け毛の本数から異常か正常化を見極めるのは無理があります。抜けた本数よりも、抜けた髪の毛根をチェックして健康な毛根か要注意な毛根かを見極めましょう。女性には脱毛の起こりやすい時期があるので、その時期は特に抜け毛対策を行いたいですね。

また、女性の抜け毛を引き起こす背景には、生活習慣やなにげなく行っていた日常の癖も影響しています。抜け毛が増える前に、生活習慣を見直して抜け毛の起こりにくい身体づくりが大切。気になる女性の薄毛抜け毛は、専門の医師に相談して早めに解決し、ストレスにならないようにしましょう。