女性の薄毛にノコギリヤシは有効?ノコギリヤシの効果と注意点!

薄毛対策にノコギリヤシが有効であるとして、薄毛に悩む人たちから注目されているノコギリヤシ。男性の薄毛に向いているという誤解もあるようですが、実は女性にもおすすめなのです。ここでは、女性の薄毛とノコギリヤシの効果、女性がノコギリヤシを摂取する時の注意点を紹介します。

薄毛対策に人気のノコギリヤシの正体と効果

ノコギリヤシのサプリメントが薄毛対策に人気。ですが、摂取する前にノコギリヤシとはいったい何なのか、ノコギリヤシにはどのような作用があるかを知っておく必要があります。

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシはヤシ科の植物であり、北アメリカ大陸で育ちノコギリのような姿をしています。このノコギリ状のヤシ科の植物ということから、ノコギリヤシという名前がついたのです。ノコギリヤシは古くからアメリカの先住民族であるネイティブアメリカンの間で、ノコギリヤシの実を男性の利尿や強壮剤の民間治療薬として使われてきました。

嘘か本当か、ネイティブアメリカンには薄毛の人はいない!なんていう噂もあります。また、アメリカだけでなく中国でも漢方として、泌尿器系の治療に使われていました。今でもヨーロッパでは、泌尿器系疾患にノコギリヤシが医薬品として認められています。

ノコギリヤシの効果

男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼにより脱毛信号を発信するジヒドロテストステロンに変換され、それを毛根にある受容体がキャッチすることが原因の一つとして挙げられます。ノコギリヤシの実から摂れるエキスには、この5αリダクターゼの働きを阻害する働きがあるのです。

5αリダクターゼの働きが阻害されることで、脱毛が起こるのを阻止できる!ということに。この効果効能が、男性の脱毛症に効果があって女性には効果がない!何ていう誤解を生んでいるのです。

ノコギリヤシは女性にも効果があるのか

男性ホルモンに作用することによって脱毛を抑える、ということは…女性には効果がない!というのは誤解です。ノコギリヤシは女性の脱毛症にもおすすめの成分なのです。

びまん性脱毛症には効果的

脱毛症と一言で言っても女性がなる脱毛症は、びまん性脱毛症、円形脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症など様々な症状がありますよね。ノコギリヤシは、この中でもびまん性脱毛症の人におすすめの成分です。他の脱毛症を改善したい人には効果が感じられない可能性が高いので、先に脱毛原因をハッキリさせましょう。

びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症はこの呼び方の他にも、女性男性型脱毛症or女性AGA or FAGAという呼び方をすることがあります。名前からもわかる通り、女性がなる男性型脱毛症。女性も男性ホルモンと女性ホルモンを両方持ち合わせているのですが、通常は女性ホルモンの方が多く分泌されているので薄毛になりにくいのが女性。

しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、男性ホルモンの作用が優勢になってジヒドロテストステロンによる抜け毛が起きてしまうのです。

  • 更年期障害
  • 卵巣摘出などの外科手術

更年期とは閉経を迎えるとされる50歳の前後10年とされ、45~55歳の人にびまん性脱毛症が起こりやすい傾向にあります。しかし、最近では生活習慣の乱れやストレスなどから、10代や20代の若い年代でも若年性更年期になりびまん性脱毛症を発症してしまう女性も少なくありません。

ノコギリヤシはイソフラボンと一緒に!

ノコギリヤシはイソフラボンを同時に摂取することによって、相乗効果を狙うことができると言われています。ここで、両方の働きを比べてみましょう。

・ノコギリヤシ
5αリダクターゼを阻害することにより、男性ホルモンであるテストステロンが脱毛信号を発信するジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぐ。

・大豆イソフラボン
大豆イソフラボンは、髪の成長期を伸ばしたりハリコシのある髪を作ったりするために必要な、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする。

つまり、ノコギリヤシで優勢になっている男性ホルモンの働きを抑制!大豆イソフラボンで足りない状態になっている女性ホルモンを補給!この2つの作用から、より一層薄毛への改善の期待度がアップするということです。

ノコギリヤシを摂取してはいけないない女性

サプリメントとはいえ、間違った使い方は別の問題を引き起こすこともあります。女性の身体は男性よりも繊細にできているので、使用してはいけない時があることも知っておきましょう。

妊娠中・授乳中

ホルモンバランスが乱れがちな妊娠中もノコギリヤシを使用してOK!と言っている人もいますが、ノコギリヤシはサプリといえども男性ホルモンを抑える働きがあるので、胎児の成長に何らかの悪影響がないとは言い切れません。薄毛を改善することよりも、妊娠中は胎児の安全を第一に考えましょう。

また、授乳中の人も、母乳を通してノコギリヤシの成分が赤ちゃんに届いてしまう可能性があります。これも赤ちゃんの成長に影響がないとは言い切れないので、授乳期間が終わるまでは使用しない方が良いですね。

ホルモン療法中

ホルモン療法やホルモン補充療法剤、経口避妊ピルなどのホルモンに作用する薬や治療を受けている女性は、副作用や薬の効果を抑えてしまう可能性があるので摂取しない方が良いと言われています。使用する前に必ず医師に相談しましょう。

血液サラサラの薬を服用中

ノコギリヤシには血液をサラサラにする作用があります。ですから動脈硬化などの血栓症を患い、血液サラサラの薬を服用している人がノコギリヤシを使用すると、血液が止まらないという事態になる可能性があるのです。

貧血の薬を服用中

女性で貧血に悩む人は多いですよね。医師から鉄化合物製剤などの血を作る薬を処方されている女性は、ノコギリヤシの使用はNG。ノコギリヤシが治療薬の効果を低下させてしまう恐れがあります。

飲み過ぎは厳禁

大は小を兼ねる!なんていう言葉がありますが、ノコギリヤシに関しては大が小を兼ねないどころか、体調不良を起こす原因になることもあるので注意が必要です。

過剰摂取によるデメリット

  • 下痢
  • 吐き気
  • 便秘
  • 眩暈

リスクのない育毛サプリメントから始める!

ノコギリヤシは女性のびまん性脱毛症にもおすすめ!ですが、妊娠中授乳中、避妊ピルは飲んでは良くないという点から考えると、少し不安の残る成分ではありますよね。そんな女性におすすめなのは、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含むサプリメント!

BOSTON for ladies

実は、200,000本売れたと言われているハリケアサプリメントBOSTON は、男女兼用でノコギリヤシエキス配合でした。しかし、今回は女性のために作られたBOSTON for ladiesということで、ノコギリヤシは入っていませんが髪だけでなく女性にとってうれしい美容成分が増えています。
女性専用のBOSTON for ladiesには、イソフラボンを含むハリケア成分が28種類も配合!180日間返金保証がついているのも、メーカーの自信がうかがえますね。

まとめ

ノコギリヤシは、男性だけでなく女性のびまん性脱毛症にもおすすめの成分です。昔からネイティブアメリカンや漢方として使われてきたというのも、薄毛への効果が期待できるポイントですね。しかし、女性にはノコギリヤシが体に良くない影響を与えることがあるので、必ず使用前に医師などに確認しましょう。

たくさん摂取しても効果が高まるということは決してないので、決められた用法を守ることも大切です。また、ノコギリヤシを摂取するにあたってやっぱり不安が大きい展と感じる人は、女性が安心して使える女性専用のサプリメントがおすすめですよ。