妊娠中でも安心して使える女性用育毛剤の探し方

抜け毛が起こるのは出産後だけではありません。妊娠中でも抜け毛に悩む女性は意外と多いんですよ。ここでは、妊娠中でも安心して使える女性用育毛剤を選ぶコツや妊娠中に起こる抜け毛の原因について説明します。

妊娠中に女性用育毛剤を選ぶコツ

育毛剤は男の人が使うものという印象が強いかもしれませんが、抜け毛に悩む女性が増えてきていることもあり、今では売られている女性用育毛剤の種類が豊富。女性用育毛剤は血行促進や頭皮環境の改善を促すために、効果的なスカルプケアだと言えます。

妊娠中はお腹に新しい命が宿っているので、食べるものや使える薬が制限されますよね。女性用育毛剤も同じで、妊娠中は胎児や母体に影響のないものを選びましょう。

胎児に影響がない女性用育毛剤

何よりも優先して考えなければならないのが、胎児への影響です。赤ちゃんは母体とつながっており、お母さんが食べたものや塗布したものが赤ちゃんにも届きます。ですから、女性用育毛剤の成分は無添加なもの、胎児に影響のない安全な原材料を選ぶことが大切です。

においがきつくない女性用育毛剤

妊娠中、特につわりの時期は、においに敏感になりますよね。ちょっとしたにおいでも気分が悪くなってしまうという人も多いのではないでしょうか。女性用育毛剤で気分が悪くなるのは避けたいですよね。香料はいわゆる添加物であることも多く、においはなるべく無香の方が良いでしょう。

肌に優しい女性用育毛剤

妊娠中の女性は特に、ホルモンのバランスが崩れて肌が敏感になっていることがあります。肌に刺激の強い女性用育毛剤は肌トラブルの原因になりかねません。肌がトラブルを起こしてもそれを治療する薬も限られるので、初めから肌に優しい女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

デザインが好きな女性用育毛剤

デザインと妊娠中に使う女性用育毛剤…何の関係もないように感じますが、やっぱり女性としては「育毛剤」などと書かれたデザインのボトルだと使っていてストレス!スキンケアコスメと並べても違和感のないような、おしゃれなデザインの女性用育毛剤の方が周りにもバレずにストレスなく続けられます。

有効成分が含まれている女性用育毛剤

胎児にも優しく妊婦さんでも使いやすい女性用育毛剤だとしても、効果がなければ使う意味がありませんね。安全で且つ効果が期待できる成分がちゃんと含まれている女性用育毛剤を選びましょう。

効果がなければ返金してくれる制度がある女性用育毛剤は「効果に自信がある」とも取れますので、1つの選ぶ基準ともなりますよ。

妊娠中でも安心して使える女性用育毛剤

ベルタ育毛剤 妊娠中
ベルタの女性用育毛剤は妊娠していても使える、天然由来成分が53種類も配合されている女性用育毛剤です。32成分はナノレベルまで超微粒子化されているので、浸透率が高いんです!無添加・無香料だからつわりがひどくても肌が敏感になっていても安心して使うことができますよ。

容器はほかの化粧品と並べて置いても遜色のない上品なデザイン。妊娠中から出産後の授乳中も使えるというのは嬉しいポイントですね。相談窓口もあるので、不安なことや使い方などベルタのスタッフがサポートしてくれるのも心強い!

妊娠中にNGな育毛剤

妊娠中は使ってはいけない、薄毛治療薬があります。

プロペシア

プロペシアは男性ホルモンに作用して抜け毛を改善する、男性型脱毛症の治療薬です。妊娠していなくてももちろん服用は厳禁ですが、妊娠している時は特に注意しましょう。触るだけでも皮膚から成分を吸収し、胎児の生殖器官の発達に悪影響になる可能性があります。

ミノキシジル

ミノキシジルが胎児に与える影響というのは、医学的には解明されていません。しかし、血管を拡張して発毛を促す効果のあるミノキシジルは、もともと血圧降下剤でした。ただでさえデリケートな妊娠中に、副作用リスクの高い薄毛治療薬を使うことは危険だと言えます。

妊娠中に起こる抜け毛の原因

妊娠中は女性ホルモンに満たされるので、抜け毛がなくなる!と思っていたのに、妊娠中から抜け毛が始まってしまった人は、不安な気持ちになりますよね。なぜ、妊娠中に抜け毛が起きてしまうのでしょうか。

ホルモンの乱れ

妊娠中は確かに、妊娠を継続させるために女性ホルモンの分泌が増えます。しかし、言い方を変えれば女性ホルモンの分泌が増える=ホルモンのバランスが妊娠前と違う=ホルモンバランスが崩れるということにもなります。
ホルモンバランスが崩れるとヘアサイクルが狂ってしまう人がいるので、妊娠中に抜け毛は起こり得る症状。

ヘアサイクルというのは、成長期→退行期→休止期という順で繰り返しており、女性ホルモンのエストロゲンは成長期を長く保つ働きがあるのです。しかし、ホルモンバランスが急激に変化することで、逆に成長期が短くなってしまうというという人もいます。

栄養不足

つわりの時期は、気分が悪くなって思うように食事がとれないという人も多いでしょう。また、ピクルスにケチャップ!マックのポテトなら食べられる!などの食に対しての思考が妊娠前と変わってしまう人もいますよね。食事がとれていないと髪の毛に必要な栄養も不足します。

また、妊娠中は胎児に栄養を届けなければならないので、母体が栄養不足になっていることもあります。身体は妊娠の継続や生命の維持を優先して摂取した栄養を消費しているので、髪の毛に必要な栄養は後回しの状態になっていることがあります。

ストレス

妊娠すると、女性の身体は妊娠前とは制限されることが多くなったり、身体もホルモンバランスも変わったりします。今まで食べていたものが食べられないストレス、今まで難なくできていたことができないストレス、ホルモンバランスが崩れることによって将来の不安に襲われるストレスなど。

ストレスは自律神経のバランスを崩す原因になります。自律神経のバランスが崩れると、血行不良、不眠、うつなどの症状に繋がります。血行不良は髪に栄養が届かなくなり、不眠は成長ホルモンの分泌を阻害するので抜け毛の原因になりますね。

便秘

妊娠したら便秘になった!という妊婦さんは意外と多いです。便秘は身体の外に出るはずの老廃物ですよね。その老廃物が腸にとどまり続けると、悪玉菌や毒素を排出し始めます。この毒素は血液を通じて全身へ!もちろん、頭皮へもめぐってしまうことになるのです。

便秘をすると肌の調子も悪くなりますよね?頭皮も皮膚ですし、髪の毛は皮膚が変化してできたもの。便秘による毒素は抜け毛という形でも現れるように、体には悪影響だということです。

女性用育毛剤以外で妊娠中の抜け毛を改善する方法

せっかくのマタニティーライフだからこそ、抜け毛に悩まされず楽しみたいですよね。そこで、妊娠中の抜け毛を改善する方法を紹介します。

栄養をしっかりとる

つわりがひどい人だと妊娠中ずっとつわりという人もいます。食べても吐いてしまっては栄養が摂れませんよね。つわりの時は食べられるものを見つけましょう。何も食べないというのはなるべく避け、足りない栄養は医師と相談しながらサプリメントで補うのも1つの方法です。

リラックスできる時間を確保

妊娠前のように思うように動けないことはかなりのストレスだと思いますが、自分なりにリラックスできる時間を設けましょう。

アロマ

アロマの香りで癒されてみるのも1つのリラックス方法です。アロマディフューザーで鎮静効果のあるアロマを楽んで見てはいかが?

運動

妊娠中の運動は不安があると思いますが、ヨガやストレッチなどマタニティー向けのクラスもあります。同じプレママと出会える機会もありますよ。

マッサージ

家族や旦那さんにお願いするもよし、マッサージサロンで施術を受けるもよし。血行が良くなることで血の巡りを改善し、ストレスや抜け毛を改善。

シャンプーを正しく行う

身体の調子が優れない上に頭皮環境に問題があっては、抜け毛や薄毛を悪化させてしまいます。シャンプーの仕方を見直してみましょう。

  1. シャンプー前に髪のもつれを、手ぐしやクッションブラシでほどいておく
  2. ぬるめのお湯で髪を洗い、ホコリや軽い汚れを流す
  3. 手のひらでシャンプーを泡立てて、後頭部から頭全体に行き渡らせる
  4. 爪を立てずに指の腹でマッサージしながらシャンプー
  5. シャンプーを流したら、頭皮にはつかないように毛先にコンディショナーをつける
  6. すすぎ残しがないようにしっかりと流す

まとめ

妊娠中の薄毛は、ホルモンバランスからくるヘアサイクルの乱れが主な原因だと言えます。ホルモンバランスが崩れると、ストレスを感じやすくなります。女性用の育毛剤でケアすることは効果的な方法ですが、妊娠中は女性用育毛剤でも含まれている成分や使いやすさなどにこだわって女性用育毛剤を選ぶ必要がありますね。

また、妊娠中はプロペシアやミノキシジルを使うのはとっても危険!薄毛治療薬を使うのであれば、女性用育毛剤で天然由来成分のものや妊娠中でも安心して使えるものを選びましょう。使っていいのかわからない…という人は、健診の際に育毛剤を病院に持って行って医師に直接聞いてみるのも良いでしょう。