ミノキシジルは女性の薄毛にも効果はあるの?

最近特によく耳にする「ミノキシジル」、薄毛改善に効果があると言われますが女性に対してはどうなのでしょうか?

ミノキシジルと女性の薄毛の関係性とその効果についてご紹介します。非常に高い効果を誇るミノキシジルではありますが、副作用もあることから使用する時は注意点を良く守ることも大切です。

ミノキシジルについて知識を付けることで、気になりだした薄毛を早期に改善させるヒントにしてくださいね。

ミノキシジルは女性の薄毛に効果あり?

ミノキシジルは男性の薄毛だけでなく、女性の薄毛にも効果的なのかという点に着目してご説明します。

ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)に有効

ミノキシジルというのは、本来は男性型脱毛症(AGA)の治療に使用されていました。男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌が原因で起こります。髪の生え際、頭頂部など部分的に髪が薄くなるのが特徴です。

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンの多くを占めるテストステロンと酵素である5-aリダクターゼが結びつくことで生まれます。そしてDHTは頭皮の皮脂を過剰に分泌させ、髪の成長の欠かせない毛乳頭や毛細細胞の働きを阻害するのです。

そんな男性型脱毛症(AGA)に対し、ミノキシジルは血行促進させることで毛乳頭や毛細細胞の働きを助け、薄毛を改善させます。

ミノキシジルはFAGA(女性男性型脱毛症)にも効果的?

男性の薄毛は部分的に起こります。しかし女性の薄毛は全体的に起こります。つまり両者は異なることから、ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)にしか効かないかというと、そんなことはありません。

女性の薄毛も様々あり、男性ホルモンの影響を受けることもあります。その為FAGA(女性男性型脱毛症)の改善にはミノキシジルが有効です。

ミノキシジルが有効なFAGA(女性男性型脱毛症)って?

ではミノキシジルが有効であるFAGA(女性男性型脱毛症)についてご紹介します。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは?

FAGA(女性男性型脱毛症)はAGAの女性版ではありません。AGAは部分的な脱毛であるのに対し、FAGAは全体的に薄くなるのが特徴です。またAGAは進行性であるのに対し、FAGAは必ずしもそうではありません。

FAGAは女性ホルモンの減少により男性ホルモンの働きが強くなることで起こる薄毛です。

FAGA(女性男性型脱毛症)の方が増えている訳

何故、FAGA(女性男性型脱毛症)の方が増えているのでしょうか。

女性の身体に男性ホルモンが増えるなんてことがあるの?と疑問に感じるかもしれません。しかし女性の体内にも男性ホルモンは存在します。その為、男性型脱毛症(AGA)が起こるメカニズムと同様の事が女性の身体にも起こるのです。

ただし女性には髪の毛の成長を促進する女性ホルモンエストロゲンが存在することから、男性のように顕著な薄毛は起こりにくいのも事実です。

最近は外で働く女性が増えており、その仕事っぷりも受けるストレスも男性並みになっています。その為、女性の男性化が進み、男性ホルモンが増える女性が出てくるのです。

また女性ホルモンの分泌量は20代をピークに徐々に減少しはじめます。その為、女性ホルモンによる抜け毛防止効果が薄れ、男性ホルモンが強くなるのもFAGAが生まれやすい原因です。

ミノキシジルを薄毛改善に取り入れる方法

次にミノキシジルとはいったい何なのか、どうやって薄毛改善に取り入れればいいのかについてご紹介します。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは厚生労働省が薄毛改善効果を認めている成分です。薬の名前のように思われがちですが、薬に含まれる成分のことです。

このミノキシジルは、本来高血圧の治療薬に含まれている成分でした。しかしミノキシジルを含有した薬を服用した患者さんの多くに、多毛症の副作用が表れたことから薄毛改善成分として注目されたのです。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの最大の効果は「血管拡張作用」です。

血管が拡張すれば、おのずと流れる血流は増えます。血液は酸素を細胞に届ける働きを持っています。つまり髪の毛を育てる毛母細胞の新陳代謝を促進し、新しい髪の毛が生まれやすい環境を作り出します。

また、血液の流れは栄養を届ける働きも持っています。髪が成長するためには栄養が必須であり、それがスムーズに毛根に届けられれば薄毛を予防することが出来るます。

つまりミノキシジルは血管拡張作用を用いて、薄毛の予防と育毛の双方を可能とします。

ミノキシジルの薄毛改善への取り入れ方

次にミノキシジルを薄毛改善に取り入れる方法をご紹介します。

大きく分けて2つあります。1つ目はミノキシジルを含有した育毛剤を使用することです。もう1つはミノタブと呼ばれるタブレットを内服する方法です。

1つ目の育毛剤は頭皮に直接塗布することにより、頭皮の血行を促進します。厚生労働省が医薬品として安全性を認めているのはミノキシジルの濃度が1%もしくは5%までです。研究が進んでいるアメリカではさらに高濃度である15%の育毛剤を認められていますが、安全面から考えると日本製の方が安心でしょう。

2つ目のタブレットは内服することで血液の流れにのってミノキシジルが届けられるため、育毛剤より高い効果があります。ただし医薬品であるため、医師に処方してもらう必要があります。個人輸入で海外製のミノキシジルタブレットを手に入れることもできますが、濃度が高いため、特に日本人には副作用が懸念されます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは薄毛に対して効果が高い反面、副作用があるのも事実です。気を付けておきたい副作用をご紹介します。

一番大きな副作用は心臓や血管に負担をかけることです。血管が拡張すると、常日頃より多くの血液が流れる為、急激な血圧低下を引き起こす可能性があるのです。また血行が促進されることでめまいや頭痛などを感じる方もいます。

また頭皮に起こる副作用としてかゆみや炎症、湿疹などがあります。かゆみは血行促進により起こる症状です。ミノキシジルが肌に合わないと、炎症や湿疹が起こる可能性もあります。これらの症状が表れると、薄毛改善どころか頭皮環境を悪化させ、薄毛を促進する結果になることもあります。その為、使用前のパッチテストは必須です。

まれに髪の毛だけでなく、腕や足など体毛が濃くなることもあり、ムダ毛を気にする女性にはデメリットとなります。

ミノキシジルの使用が向いている人

ミノキシジルの使用が向いている人の例をご紹介します。

更年期に入った女性

年齢とともに減少する女性ホルモンが影響するFAGA(女性男性型脱毛症)の方にはお勧めです。女性ホルモンは早い人で35歳を超える頃には減少傾向が強くなる為、更年期に入った女性には特に有効な成分となるでしょう。

またまだ若くても強いストレスを受けると、女性ホルモンのバランスは崩れてしまいます。そこで仕事や人間関係などでストレスを受ける機会が多い人にもミノキシジルはおすすめです。

頭頂部の薄毛が気になる方

頭頂部が全体的に薄くなってきた方にもミノキシジルはおすすめです。頭皮の部位の内、特に頭頂部は血管が密集している部位です。その為、頭頂部の薄毛にはミノキシジルを使用し血管を拡張させることが大切です。

最近、頭頂部が全体的に薄くなってきたなとお悩みの方は、ミノキシジルを試してみて下さい。

ミノキシジルを薄毛に使用する時の注意点

ミノキシジルには副作用もあり、効き目がきつい成分であるため、使用する際の注意点を良く守りましょう。

女性用のミノキシジルを使用しよう

ミノキシジルを使用した育毛剤も男性用と女性用があります。一般的に男性用育毛剤の方がミノキシジルの含有量は高くなっています。国内メーカーの女性用育毛剤には1%ですが、男性用育毛剤には5%も含有しています。

ミノキシジルの含有量が高ければ、より薄毛改善効果も期待できると思いがちですが、その分副作用のリスクが高まります。

また女性は男性より皮膚がデリケートであるため、かゆみや湿疹などが出やすくなります。その為、必ず女性用の育毛剤を使用するようにして下さい。

妊娠中、授乳中は使用を避けよう

ミノキシジルが原因で妊娠中の女性や授乳中の女性の身体に大きな危険が及んだという報告はありません。

しかし、医薬品であるため妊娠中はご自身の身体よりも胎児への影響が懸念されます。また授乳中も、母乳を通じてミノキシジルの成分が届けられるということは、赤ちゃんへの副作用も心配されます。

そこで、妊娠中及び授乳中のお母さんはミノキシジルの使用を控えてください。

まとめ

ミノキシジルは血管拡張作用があることから、男性だけでなく女性のFAGA(女性男性型脱毛症)に有効です。

ただし副作用のリスクが付きまとう事も事実です。副作用を避けるには使用方法を誤らないことです。そして万が一異常が出た場合はすぐに使用を中止してください。

安全に使用することで、ミノキシジルは女性の薄毛の強い味方になるでしょう。