季節の変わり目に抜け毛に悩む女性が増える原因と対策法

ペットの犬や猫が季節の変わり目に抜け毛が増えるのと時を同じくして、私たちも季節の変わり目に抜け毛が増えるものです。

排水溝にたまる抜け毛や、ブラッシング後のブラシについた髪の毛、枕についている髪の毛の量をみると不安になるものですね。

そこで今回は季節の変わり目の抜け毛の原因と対策についてご紹介します。

季節の変わり目に女性を悩ませる抜け毛を知ろう

通常の抜け毛と季節の変わり目の抜け毛の量を比較して見ていきましょう。

通常の抜け毛

お肌にターンオーバーという古い細胞と新しい細胞が生まれ変わる周期があるように、髪の毛にもヘアサイクルが存在します。髪の毛が伸びる「成長期」、成長が止まる「退行期」、そして髪が抜け落ちる「休止期」があり、髪全体の10~20%の髪の毛が「休止期」に当たります。

その為、数でいうと1日50~100本程度の髪の毛は自然に抜け落ちていきます。

季節の変わり目の抜け毛

季節の変わり目はどの程度まで抜け毛が増える可能性があるのかというと、通常時の約1.5倍です。つまり1日75~150本ほどの抜け毛が起こる計算になります。本数には個人差がありますが、どの程度違うのかをもう少し具体的にご紹介します。

髪の毛1本の太さは0.06mm~0.1mm、平均すると約0.08mm前後だとされています。通常時の抜け毛100本をすべて束ねると直径8mmの円になります。一方季節の変わり目の抜け毛150本をすべて束ねると直径12mmもの円になります。

冬から春の季節の変わり目の抜け毛

季節の変わり目の代表的な抜け毛の1つが冬から春にかけて起こります。どのような原因が潜んでいるのかについてご紹介します。

冬から春の季節の変わり目の抜け毛は冬の乾燥が原因

1つ目の原因は冬場の空気の乾燥によるものです。湿度が高いとされる6~8月は67~71%であるのに対し、1月~3月は36~52%です。冬場は湿度が低く空気が乾燥していることが分かります。その上、冬場は暖房にエアコンが使われることでさらに空気が乾燥します。

冬場にお肌が引きつるのと同じく頭皮も乾燥状態になります。頭皮は正常時は、皮脂に覆われており乾燥など外的刺激から守られています。その為、乾燥状態は危機状態だと捉えられ、頭皮からは過剰に皮脂が分泌され始めます。しかし皮脂が多く分泌され続けると毛穴詰まりが起こり、髪の毛が弱まり抜けやすくなるのです。

また頭皮が乾燥すると血行不良が起こり、髪を健康に保つ為の栄養素が毛根に届けられなくなります。その為、ヘアサイクルの成長期が短くなり抜け毛の時期が早まります。

さらに頭皮の乾燥はフケや痒みも引き起こします。フケも多少であれば問題ありませんが、量が増えると頭皮環境の悪化に繋がります。結果、髪の毛を弱くさせ抜け毛を誘発するのです。

冬から春の季節の変わり目の抜け毛は生活環境の変化が原因

2つ目の冬から春の季節の変わり目の抜け毛の原因は、生活環境の変化です。奥さまであれば、旦那様の転勤、異動、お子様の卒業、入学など周りの環境が変わることで、生活スタイルが大きく変わります。また独身の方でも、ご自身の仕事の配置換えや同僚の異動などで職場環境が大きく変わることで少なからずストレスを感じるものです。

このような生活環境の変化による肉体的及び精神的なストレスは抜け毛と大きく関係しています。ストレスを感じると私たちは寝つきが悪くなる、眠りが浅くなる、夢をよく見るなど睡眠に多少なりとも影響を受けます。

髪の毛は夜の間に伸びる為、睡眠の質が悪化すると髪の毛が育ちにくくなるのです。また髪を育てる頭皮もお肌と同じで、睡眠中にゴールデンタイムと呼ばれる成長期を迎えます。その時間帯に十分な睡眠がとれていないと、頭皮の新陳代謝も悪化し抜け毛へと繋がります。

夏から秋の季節の変わり目の抜け毛

季節の変わり目に多い抜け毛のタイミングは夏から秋にかけても起こります。2つの原因についてご紹介します。

夏から秋の季節の変わり目の抜け毛は紫外線が原因

1つ目の原因は紫外線です。気象庁のホームページを見ても分かるように、7~8月が1年のうちで最も紫外線量が多い時期です。

紫外線といえば日焼け、シミというお肌へのダメージが真っ先に浮かびますが、髪の毛と頭皮にも大きなダメージを与えます。

お肌には日焼け止めクリームを塗ったり、UV仕様のアイテムを利用し紫外線を避けますが、頭部が無防備になっている人が多いものです。太陽に最も近い位置にある頭皮は髪に覆われてはいますが、強い紫外線の光は頭皮に到達し光老化を引き起こします。光老化とは紫外線が頭皮の深部にまで入り込み、細胞を破壊することを指します。頭皮の深部の細胞が破壊されると、頭皮環境を整えるのに非常に時間を要し、その間にどんどんと抜け毛が増えてしまいます。

また紫外線を浴びると、切れ毛も増えます。髪の毛の主成分であるたんぱく質を構成しているシスティンの結合部がダメージを受ける為です。

このように頭皮も髪自体も強いダメージを受けた秋口の髪は、夏の疲れを引きずったままで抜け毛が進行しやすい状態です。

夏から秋の季節の変わり目の抜け毛はエアコンの乾燥が原因

夏のダメージを受けたデリケートな髪や頭皮をさらに悪化させる2つ目原因がエアコンの風による乾燥です。

冬から春にかけての空気の乾燥のくだりでもご紹介しましたが、エアコンを使い始める秋口にも同様の事が起こります。エアコンでお部屋の空気を温めると、空気中の湿度は下がります。

その為エアコンを使用すると空気が乾燥すると同時に頭皮も乾燥しがちになり、抜け毛が増えるのです。

季節の変わり目の抜け毛対策にシャンプーの見直しは必須

季節の変わり目だからある程度は抜け毛が増えるのは仕方ないとしても、少しでも被害を食い止める為にまず出来るのがシャンプーの見直しです。

シャンプー剤は季節で変えよう

使用しているシャンプーはどのような基準で選んでいるでしょうか?匂いなどの好みもありますが、頭皮を清潔に保つ、抜け毛を減らすという観点で選ぶべきです。

空気が乾燥する秋冬は、頭皮も乾燥しがちになります。また温度が高くなる春夏にかけては汗をかきやすく皮脂の分泌も増えてきます。頭皮の環境が変われば、ケア方法も変えてあげることが必要です。

乾燥が気になる秋冬は、保湿機能を重視したシャンプー剤を選びましょう。また頭皮のバリア機能となる皮脂を取り過ぎないアミノ酸系のものがお勧めです。またトリートメントなどを行うのも有効です。

一方の皮脂分泌が増える春夏は、汗や皮脂汚れを洗い流してくれるシャンプー剤が必要です。毛穴詰まりが増えるこの時期にはシャンプーに含まれるシリコンも、毛穴に詰まりやすくなる為、ノンシリコンシャンプーを選ぶのも1つの方法です。ただし、紫外線を浴びてダメージを受けている頭皮に、洗浄力が強すぎるシャンプー剤を使うのは避けるようにして下さい。

シャンプー方法を確認しよう

シャンプー方法を見直すことも、シンプルなことですが抜け毛を防ぐには必須です。注意ポイントを3つご紹介します。

  1. シャンプー剤で洗う前に、まずはぬるま湯で汚れを洗い流す
  2. 頭皮を洗う際は、爪を立てず、指の腹で優しく洗う
  3. シャンプー剤の洗い残しがないようにしっかりすすぐ

シャンプー剤には洗浄剤が含まれている為、頭皮への強い刺激を避けることが大切です。そこで、事前に汚れをぬるま湯で取り除き、シャンプー剤を補助的に使用するようにして下さい。また洗い残しがあると、毛穴に詰まりやすくなるので注意が必要です。さらに、優しく洗うことで頭皮を傷つけにくくなるので、抜け毛を防ぐことが出来ます。

シャンプー前後のケアも怠りなく

シャンプー前後のケアにも抜け毛予防に大切なポイントがあります。

1つ目は、髪を濡らして洗う前にブラッシングを行う事です。これによって細かいホコリなどを取り除くことができ、シャンプー時に髪同士の摩擦を防ぎます。さらに皮脂を髪全体に行き渡らせることで、シャンプー剤から髪を守る働きもあるのです。

2つ目は、シャンプーの後にしっかりと水分をタオルでとった後、ドライヤーで乾燥させることです。タオルで水分を拭き取る際は髪をタオルに挟み、押さえながら行うと髪同士の摩擦を防げます。また、ドライヤーは髪から20センチ程度離して使用し、同じ箇所に長時間熱風が当たらないように気を付けてください。

季節の変わり目の抜け毛対策に頭皮ケアをプラスして!

最後に頭皮ケアをしっかりとすることで季節の変わり目の抜け毛対策を行う方法をご紹介します。

頭皮に潤いを与えよう

まずは頭皮をしっかりと保湿してあげることです。頭皮を保湿というとあまりイメージが沸かない方もおられるかもしれませんが、方法は2つあります。

1つ目は頭皮専用の保湿ローションを使用する方法です。お顔に化粧水を使うのと同じ要領です。紫外線を浴びたり、デリケートな頭皮には合う合わないもありますので使用前に必ずパッチテストを行ってください。

2つ目は、オイルで保湿する方法です。頭皮内の水分が逃げないようにカバーする働きと、頭皮のバリア機能があります。

オリーブオイル、椿油、ホホバオイルなどさまざまなオイルがありますが、オイルによっては紫外線で酸化してしまうものもあります。そこで使用するのは夜のシャンプー後にしましょう。

頭皮の血液循環を上げる頭皮マッサージ

続いては、頭皮環境を改善させるために血液循環をあげることです。そこでお勧めなのが頭皮マッサージです。血液循環が上がると、傷ついた細胞も早く補修されます。また血液の流れにのって髪の成長に必要な栄養素が届けられるので抜け毛の改善に繋がります。

頭皮マッサージを行うのにお勧めのタイミングはシャンプー時やお風呂上りなど頭皮が清潔で、かつ血液循環が上がっている時です。

指をあまり立てるのではなく、指の腹を使って大きく頭皮を動かすように全体的にマッサージしてあげるのがポイントです。

育毛剤でプラスアルファ栄養を補おう

最後に、髪に栄養を与え元気を取り戻させるために育毛剤を使用する方法もあります。ただしこれはシャンプーの改善や保湿、血液循環の改善などの基礎的なことを行ってこそ意味がある方法です。

さまざまな育毛剤がありますので、ご自分に合ったものを選ぶようにしましょう。選び方として頭皮の状態から選ぶ方法や、血行促進作用や新陳代謝促進作用といった作用で選ぶ方法があります。

特に女性はデリケートであるため、国産の安全な低刺激なものを選ぶといいでしょう。もちろん定められた使用方法は正しく守ってください。

まとめ

ご紹介したとおり季節の変わり目に起こりやすい抜け毛の時期は、春先と秋口です。例えば、春先の抜け毛を一時的なものだと軽く見ていると、頭皮や髪のダメージを引きずったまま夏に入り、さらにダメージは進行します。

そこで、シャンプーの見直しや頭皮ケアをしっかりと行い早めに抜け毛を改善させることが大切です。