髪の毛が細いと女性でも薄毛に!?髪を太くするためにしたい対策方法

若い時は髪が太くて硬くてスタイリングしにくいくらいだったのに、年齢を重ねるにつれて髪が細くなってきたと感じている女性は要注意!そのまま放っておくと、地肌が透けて見えてしまうくらいの薄毛になってしまう可能性があります。ここでは、薄毛にならないために、髪を太く健康に育てる方法についてお話します。

髪が細くなってしまうのは何故?

抜け毛は気になっていないけれど、髪の毛1本1本にハリコシがない…ボリュームが出なくなってきた…という人は、髪の毛が細いことで薄毛になってしまう恐れがあります。では、なぜ今までハリコシのあった髪が、細くてハリコシのない髪になってしまうのでしょうか。

髪の栄養不足

髪の毛は血液が毛母細胞に届けてくれる栄養によって成長します。しかし、ダイエットや偏食などによってこの栄養が偏ると、身体は髪よりも生命の維持を優先して毛母細胞に栄養を供給しなくなります。すると、髪の毛が栄養不足になり、細くて抜けやすい状態で成長してしまうんです。

睡眠不足

夜の22時から2時の間は、成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯です。成長ホルモンは成人している女性にも分泌されるホルモンであり、身体を作ったり修復したりするために欠かせないホルモン。この時間帯に良い睡眠がとれていないと、髪を作るための成長ホルモンが足りなくなってしまうのです。

紫外線ダメージの蓄積

紫外線ダメージは顔のしわやシミの原因だけでなく、頭皮の乾燥や老化の原因にもなります。紫外線を浴びた頭皮は乾燥して硬くなり、血行不良を起こします。また、毛根がダメージを受けてコラーゲンが減少し、ヘアサイクルが乱れたり細くて弱い髪の毛が生まれたりする原因になります。

間違ったヘアケア

頭皮を土に例えるならば、髪は木です。弱った土から丈夫な木は育ちませんよね。刺激の強いシャンプーや頭皮を傷つけるブラッシングなど、間違ったヘアケアは頭皮を弱らせてしまう原因になります。ヘアケアは髪や頭皮を清潔にすることだけでなく、髪や頭皮を労わることも大切です。

ホルモンの乱れ

更年期障害や無理なダイエットは、ホルモンバランスを乱して女性ホルモンのエストロゲン分泌を減少させます。エストロゲンには髪を丈夫にして髪の成長期を伸ばす働きがあるので、エストロゲンが減少すると髪が細く抜けやすい状態になってしまいます。このような脱毛症の症状をびまん性脱毛症と呼びます。

冷え性による血行不良

髪に栄養を届けているのは血液ですよね。しかし、身体が冷えることで血の巡りが悪くなると、髪に必要な栄養が十分に供給できません。女性は身体が冷えやすい人が多いと言われているので、冷え性が薄毛の原因になっている可能性が十分考えられます。

今生えている髪は改善不可能

髪をどうにかしてハリコシのある健康な状態に戻したい!薄毛が目立たない状態に修復させたい!と誰もが願うはずですが、今既に生えている髪の毛はもうどうすることもできないのが現実です。髪の毛は死滅細胞と言って、修復や改善は不可能なのです。

ですから、細い髪の毛をハリコシのある状態にするには、これから生えてくる髪の毛を太くするということが大切です。髪は1か月で約1センチ前後成長すると言われていますから、改善がみられるまでには半年から1年かかるといえます。ハリコシを取り戻すためには、根気よく対策を続けることが大切です。

髪を太く健康に育てる方法

髪質を改善してハリコシのある状態にするには、半年から1年かかるとお話ししました。ということは、善は急げ!早めに対策をするべきです。では、ハリコシを取り戻すためにはどんなことができるでしょうか。

食生活の見直し

ダイエット中だからサラダしか食べていない…食事を抜いている…好き嫌いが多すぎて栄養が偏っている…という女性は、食生活を見直す必要があります。食べないダイエットはリバウンドを起こす恐れだけでなく、薄毛や肌の老化を招きます。

三大栄養素であるたんぱく質、炭水化物、脂質はもちろん、髪の成長に必要なたんぱく質、アミノ酸、ビタミンBは積極的に摂取しましょう。また、食事に取り入れるのが難しいアミノ酸やビタミンは、サプリメントからも補給することが可能ですよ。

しっかり睡眠をとる

成長ホルモンが分泌される夜22時から2時の間は、ぐっすりと眠っているように心がけましょう。また、より良い睡眠を得るために、寝具は清潔に保つ、肌触りの良い吸水性のあるパジャマを着る、頭の高さに合った枕を使うなどの心がけも大切ですよ。

身体を冷やさない

身体を冷やしやすい女性は、意識して身体を温めることが大切です。夏はオフィスの冷房対策として、カーディガン、ひざ掛け、スリッパを着用する。冬は身体を芯から温めるために、湯たんぽ、半身浴を行うこともおすすめ。また適度な運動は身体を温めるだけでなく、血行促進やストレス発散にもなります。

女性用育毛剤で頭皮を労わる

大人の女性であれば、アンチエイジング、乾燥対策、シミソバカス対策のためにスキンケアを毎日しているという人が殆どではないでしょうか。顔とつながっている頭皮にも、顔と同じようにスカルプケアをしてあげることで頭皮の老化を防ぎ、頭皮環境を整えて髪の毛が生えやすい状態にしてあげるが可能です。

ca101薬用スカルプエッセンス
女性雑誌で人気を集めているca101薬用スカルプエッセンスは、女性のために作られたリピート率96%の薬用女性用育毛剤です。

髪の毛の生え代わりに重要なヘアサイクルを正常に整え、頭皮を潤して健康でハリと弾力のある状態へ導きます。

ca101薬用スカルプエッセンス(育毛剤)が口コミで評判なので効果があるか試してみました

2016.02.18

女性の薄毛は薄毛の専門医に相談することも大切

薄毛によって地肌が透けて見えたりすると、早くどうにかしたい!という気持ちになりますよね。そんなときに頼りになるのが、頭髪専門クリニックです。

頭髪専門クリニックに行こう

髪の悩みを相談するなら皮膚科?何科?という疑問が湧きますが、頭髪の悩みは頭髪専門クリニックに行くことがおすすめです。頭髪専門クリニックの医師は頭髪に関して専門的な知識を持ち、薄毛の治療経験も豊か!また、クリニックには薄毛治療に使う機械や器具が揃っているので、最先端の治療が受けられます。

薄毛の原因を明確に

薄毛と言っても何が原因で起きている薄毛なのかというのは、素人目ではなかなか分からないのが現実です。薄毛を改善するには、まずは薄毛の原因を突き止めることが大切!クリニックでは、遺伝子検査や血液検査によって、薄毛原因や効き目のある薬をあらかじめ知ることも可能ですよ。

薄毛治療について聞いてこよう

薄毛専門クリニックの多くは、無料カウンセリングを実施しています。「先生が変な人だったらどうしよう…」「治療費が思ったよりも高かったらどうしよう…」という不安も、無料カウンセリングに行けばクリニックの様子や治療にかかる料金などを詳しくリサーチすることができますよ。

まとめ

抜け毛が増えていなくても、1本1本の髪の毛が細くなることで薄毛を招いてしまう事があります。原因としては偏った栄養、睡眠不足、紫外線ダメージ、間違ったヘアケア、ホルモンバランス、冷え性が考えられます。まずはこれらの生活習慣の見直しや女性用育毛剤を使った対策が必要だといえます。

髪の毛が細くなったことで薄毛になった!と自分では思っていても、実は別の病気や疾患が原因であることも考えられます。また、びまん性脱毛症も、治療が可能な脱毛症です。早く薄毛を改善したい!と願うのであれば、頭髪専門クリニックで検査して抜け毛原因を突き止めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です