女性の薄毛と白髪の原因は同じ?それとも違う?

薄毛に悩まされている女性が多いとされる現代ですが、薄毛と同じくらい悩みの種になるのが白髪の増加ですよね。薄毛も白髪もどっちも悩みという女性もいることでしょう。ここでは、女性の薄毛と白髪は同じ原因なのか、どのようにして予防ができるのかをお話しします。

市販の白髪染めシャンプーおすすめランキング!メリット・デメリットも紹介!

2017.02.09

薄毛になる理由と白髪が生える理由

薄毛の理由と白髪の理由は同じではありません。それぞれのメカニズムを知ることが、効果的な予防や対策の第一歩になりますよ。

薄毛はホルモンの影響

女性の薄毛の原因として代表的なのがびまん性脱毛症です。円形脱毛症のような自己免疫疾患や、脂漏性脱毛症のような皮膚の炎症が原因で起こる脱毛症もありますが、ホルモンの影響によるびまん性脱毛症は女性の脱毛症の中で最も悩まされる人が多い脱毛症だと言われています。

びまん性脱毛症は、女性男性型脱毛症やFAGAとも呼ばれ、男性型脱毛症と同じメカニズムで起こります。女性も男性と同じように、男性ホルモンと女性ホルモンを併せ持っているのは皆さんご存知ですね。びまん性脱毛症は、このホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になった時に起こります。

例えば、更年期障害、若年性更年期障害、出産後、ストレス、栄養失調など、年齢問わず女性ホルモンの分泌が減ってしまう事があります。女性ホルモンのエストロゲンは、髪を太くして成長期を長くさせる働きがあるので、男性ホルモンの影響を受けにくくします。

しかし、男性ホルモンが優位に立つと、男性ホルモンテストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変化!ジヒドロテストステロンが脱毛信号を発信すると、毛根にある受容体がキャッチして抜け毛を起こさせます。この受容体の強さは遺伝が関係しているとも言われているんですよ。

白髪はメラニン色素の影響

まず、私たち日本人の髪の毛が、なぜ黒い色をしているのかについて考えてみましょう。黒い色を作り上げているのはユーメラニンという黒い色を作り出す色素。ユーメラニンが作り出される場所は、毛根にあるメラノサイトという細胞です。

この細胞では、チロシナーゼという酵素の働きによって色素が作り出され、髪の毛を着色しています。白髪が増えてしまう原因は、老化や病気によるメラノサイトの減少やチロシナーゼの働きに何らかの問題が生じた時だとされています。

余談ですが、「あしたのジョーのワンシーン」にあるような、過度のストレスやショックな出来事によって一気に白髪になることはあり得ません。髪の毛は死滅細胞ですから、すでに伸びた髪が白くなったり細くなったり変化することはないのです。

また、「白髪を抜くと白髪が増えるよ!」なんていう言葉を耳にしたことがありますが、これもありあえない話です。白髪を抜いたとしても、それは色素を作る働きを失った毛根に生えていた髪を抜いた…それ以上のことはありません。ただし、毛根を傷つけることになるので、抜くというのはあまりおすすめできませんね。

薄毛と白髪の原因を助長する要因

薄毛と白髪のメカニズムは、全く違います。しかし、それぞれの原因を助長する要因は、どちらも共通する点があります。

遺伝

薄毛の原因になる脱毛信号をキャッチする、受容体の感受性は遺伝するとされています。そして、白髪も遺伝するのではないかと考えられています。というのも、薄毛の原因が遺伝かどうかは遺伝子検査で調べることができるのですが、白髪についてはまだまだいろいろな機関が研究している段階。

とはいえ、メラニンが関係する肌の色が遺伝するように、髪の毛の色を作る細胞が遺伝すると考えられています。遺伝子と白髪の関係についてハッキリした答えが出れば、白髪遺伝子の持ち主かどうかを白髪になる前に知ることができる日が来るのかもしれません。

生活習慣

髪の成長とメラニンの生成に関わる共通点は何でしょう?それは細胞です。髪は毛母細胞が活性化することで生成され、髪の色素はメラノサイトが活性化することで作られますね。この細胞の働きを邪魔するような生活習慣は薄毛と白髪の原因になると考えられます。

例えば…血流を悪くするストレス、冷え性、運動不足。ダイエットなどによる、細胞の働きに欠かせない栄養の不足など。また、紫外線を長時間浴びることでそれぞれの細胞にダメージを与え、薄毛や白髪の原因になることも。

睡眠時間

人は寝ている間、成長ホルモンを分泌します。このホルモンは成長期により多く分泌されていたホルモンですが、成人して成長期を過ぎてからも分泌されます。成長ホルモンによって、筋肉、皮膚、爪、髪などの身体全体を修復したり生成したりしています。

1日の中でこの成長ホルモンが多く分泌されるのは夜22時から2時の間と言われ、この時間帯に質の良い睡眠がとれていないと成長ホルモンが不足!成長ホルモンが不足することで細胞の活性化が阻害され、薄毛や白髪を招いてしまう事になります。

加齢

歳を重ねるごとに基礎代謝力が落ち、足腰が弱くなっていきますよね。髪の毛もそれと同じように、加齢によって細胞が減少したり毛根が弱くなったりします。びまん性脱毛症は、加齢による女性ホルモンであるエストロゲンの減少が1つの原因ですね。

また、加齢によって毛根のコラーゲンが減るという研究結果も、東京医科歯科大から発表がされました。

歳をとることで毛包幹細胞においてDNAのダメージが蓄積してくると、幹細胞維持に必要な蛋白質の分解がひきおこされ、毛包幹細胞が表皮角化細胞へと分化しながら皮膚表面へと移動して落屑していくため、毛包が小さくなり消失することをはじめて示しました。
引用:「歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明」【西村栄美 教授】

白髪の場合は、加齢によってメラノサイトが減少したりチロシナーゼの働きに問題が生じたりすることで起こると言われています。避けては通れない老化現象は、薄毛にも白髪にも現れるということになりますね。

白髪対策が薄毛を招くことも

女性としては、白髪も薄毛も予防したいものです。しかし、白髪対策のために行う白髪染めが、薄毛の原因になってしまう事も!というのも、市販の白髪染めは誰にでも簡単に使うことができるように作られているため、髪や頭皮の状態に合わせて作られていません。

これについては白髪染めだけでなく、セルフカラーで髪をおしゃれ染めしている人にも言えることです。薬が強いことで頭皮や髪、髪を作る細胞や色素を作り出す細胞にダメージを与えます。セルフカラーは安くて時短できるから便利なのですが、デメリットが大きいのが難点ですね。

しかし、女性として白髪は放っておくわけにはいきません!白髪は実年齢よりも老けて見えるようになりますし、何よりも気分が良くないですよね。おすすめなのは、美容師に相談しながら白髪染めを行うことです。美容室はセルフカラーに比べれば費用が掛かりますが、美容師は髪に付いて勉強してきたプロ!

因みに、美容学校では髪のことだけでなく、薬剤や皮膚についても勉強しているんですよ。だから、髪の状態で薬剤や染め方を選定するだけでなく、今白髪染めをしても良い状態かそうでないかも判断してくれます。薄毛も白髪も対策したいのであれば、髪のことを知り尽くした美容師さんに任せることをおすすめします。

薄毛と白髪を予防するなら

薄毛になるメカニズムと白髪が生えるメカニズムは違うものの、それらを助長する原因は共通する点があるとお話ししました。では、薄毛と白髪を予防するためにできることとはどんなことでしょうか。

生活習慣の見直し

日々の習慣は、積もり積もって薄毛や白髪の原因になります。生活習慣を見直して、1つ1つ解決することが大事ですよ。

ストレス ストレスは感じてもOK!でも、ストレスは解消することが大切!運動、趣味、音楽鑑賞、友人と出かけるなど、リラックスや楽しむ時間を大切にしましょう。
冷え性 女性にとって冷えは大敵!薄毛や白髪はもちろん、美容や健康のためにも身体は冷やさないようにしましょう。夏はカーディガンで体温調節、冬は湯たんぽやカイロで寒さ対策を。
運動不足 運動が好きではないという人も、適度な運動を心がけましょう。激しい運動をしなくても、ヨガ、ストレッチ、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。
紫外線 顔や身体の紫外線対策と同様、頭皮の紫外線対策も薄毛や白髪予防に大切なことです。帽子やUVカット効果のあるスタイリング剤で紫外線から頭皮を守りましょう。

女性用育毛剤で頭皮ケア

頭皮は皮脂というバリア機能によって、外気の刺激から頭皮を守っています。しかし、女性に多い乾燥肌の人は、このバリア機能である皮脂が不足しています。女性用育毛剤の多くは保湿成分を含んでいるので、女性用育毛剤で頭皮を潤してバリア機能を高めることができます。

シャンプー剤の見直し

頭皮には髪の生成&髪を黒くする細胞がありますね。頭皮に刺激の強いシャンプーを使っていると、頭皮が乾燥したりダメージを受けたりする原因に!育毛シャンプーに良く使われている、洗浄成分がアミノ酸の頭皮に優しいシャンプーを使って髪の毛を労わりながら洗髪すると良いですよ。

しっかり寝る

成長ホルモンが多く分泌される夜22時から2時は、しっかり睡眠をとるようにしましょう!パジャマは綿などの吸水性の良いものを身に着ける、シーツや枕カバーは週に一回以上洗う、寝る2時間前はスマホをいじらないなど、眠りの質にもこだわりたいですね。

食生活の改善

栄養の不足…細胞の活性化に必要な栄養は、日々の食事から賄っています。バランスのとれた食事を心がけ、食べないダイエットなどの身体が栄養不足になることは避けましょう。とはいえ、仕事や家事が忙しいとバランスの良い食事というのも難しいですよね。

そんな人におすすめなのが、サプリメントで栄養を補うという方法!三大栄養とされるたんぱく質、炭水化物、脂質は食事から、髪良い栄養をサプリメントから摂ると、忙しい人でも栄養が偏るのを防ぐことができますね。

黒ツヤソフト
女性のために作られた白髪対策サプリメント「黒ツヤソフト」は、なんと57社の有名メディアに取り上げられるほどの人気!アキョウという髪を黒々とした健やかな状態に導く漢方をはじめ、髪だけでなく健康に美容に良い成分が無添加で配合されていますよ。

黒ツヤソフトの口コミで白髪・ハリ・コシへの効果が評判なので体験談レビュー書いてみました。

2016.09.03

まとめ

女性にとって悩みの種である薄毛と白髪。薄毛と白髪のメカニズムはそれぞれ違うものの、毛根に備わっているそれぞれの細胞の働きが関わってという共通点があります。そのため、細胞の活性化に良くない影響を与える習慣があるという面では、薄毛も白髪も対策方法は似ています。

生活習慣の見直し、シャンプーの見直し、サプリメントの導入など、できることから始めましょう。また、白髪の対策のためにしてきた白髪染めが薄毛を招く原因になってしまうので、セルフカラーは避けるべき。白髪染めは美容室で美容師さんと相談しながら行うのが、薄毛対策にも白髪対策にもなると言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です