ダイエットが原因の抜け毛や薄毛はシャンプーや女性用育毛剤で解決できる?

年齢関係なく、女性にとって永遠のテーマともいえるダイエット。ダイエットが成功したらオシャレが今以上に楽しめる!と、頑張っている女性は多いのでは?しかし、ダイエットは抜け毛の原因にもなることがあります。ここでは、ダイエットで抜け毛が起きる原因や、ダイエットによる抜け毛や薄毛はシャンプーや女性用育毛剤で解決できるのかを説明します。

なぜダイエットで抜け毛が起こる?

ただ少しだけ体重を落としたかっただけなのに!なぜ、ダイエットをすると抜け毛に繋がってしまうのでしょうか。この理由は間違ったダイエット方法にあるようです。

栄養が足りない

いわゆる間違ったダイエット方法である、「食べないダイエット」をする人が陥りやすいのが栄養不足です。人間食べなければ骨や肉になる栄養が足りないわけですから、もちろん体重は減少します。しかし、それは髪の毛にも栄養が届かないことも意味します。

食事制限をすると、身体は少しでも生命維持に栄養を使おうとするので髪の成長は後回し。身体も痩せるが髪も痩せて抜けやすくなるということになります。さらに、食べないダイエットはリバウンドもしやすいので、ダイエット方法としては一番間違えている方法だと言えます。

水分不足

水を飲んだだけでも太りやすい時期ってありますよね。特に生理前は身体がむくみやすく、通常よりも2キロ近く体重が増えることもあります。そのため、ダイエットのために水分を取らなかったり、恐ろしい方法として利尿剤を服用したりするなんていうダイエット方法があるのだとか。

髪の毛が成長するには栄養や酸素が必要です。その栄養を運ぶのは毛細血管、毛細血管を流れているのは…血液!水分不足になると血液がドロドロの状態になり、毛根に栄養や酸素が行き届かなくなります。この状態が慢性化すると、抜け毛や薄毛に繋がることに。

ストレス

ダイエットとは!1に我慢2に我慢、3.4がなくて5に我慢と言えるくらい、ストレスがたまるものです。好きなものが食べられないストレス、なかなか減らない体重と睨めっこするストレス…。こんなストレスをためたままにしておくと危険ですよ。

ストレスを感じていると、自律神経のバランスが乱れます。これによって血行不良による髪の毛の栄養不足が起こります。また、ストレスは睡眠の質にも影響があるので、夜10時から2時まで分泌される成長ホルモンが足りなくなることで髪の成長が阻害されます。

基礎代謝の低下

基礎代謝というのは、私たちが動いていないときでも使われているエネルギーのことです。この基礎代謝量は筋肉によるものが多くを占めるので、運動をせずに食べないダイエットをしている人は筋力が衰えて基礎代謝が減少します。

さらに、基礎代謝が低い人は身体が燃やすエネルギー量が少ないため、身体が冷えやすくなります。身体が冷えると血行が悪くなり、毛根へ栄養や酸素が届きにくい状態に。それに、基礎代謝が低い&冷え性は、太りやすい体質になっているのでダイエットにも逆効果です。

無酸素運動

無酸素運動とは、瞬間的に息を止めて力を入れるような運動のことを指します。例えば、筋トレや短距離走などがありますね。無酸素運動は筋力をつける効果があるので、基礎代謝を上げたり身体を引き締めたりするメリットがありますが、無酸素運動だけでは逆に抜け毛を起こす可能性があります。

髪の成長に必要なのは栄養と酸素!血中の酸素濃度を下げてしまう無酸素運動は、髪の成長を阻害して抜け毛を引き起こしてしまうかもしれません。他にも、無酸素運動は身体や気持ちの面でストレスになってしまうこともあるので、ほどほどにしておきましょう。

ダイエットが必要な肥満とは

そもそも、日本人は体重のことばかりを気にし過ぎている傾向があります。では、本当にダイエットが必要な人とはどんな人を指すのでしょうか。

BMIが25以上

BMIとは、肥満度を示す数値のことです。

BMIの求め方

体重÷(身長m)²=BMI

18.5未満=低体重
18.5以上25未満=標準体重
25以上=肥満体重

例えば、身長162cmで体重が55キロだとしましょう。数字だけ見ると、ぽっちゃり?なんて思うのが日本人の感覚ですよね。
55÷(1.62×1.62)=20

BMIは20なので標準体重ですね。因みに、BMI指数22が理想の体重だと言われています。というのも、22の人の方が病気になるリスクが低いのだそうです。健康体重なのにもっと痩せたい!のなら、食べないダイエットではなく、筋トレやストレッチで引き締めるダイエットを行いましょう。

体脂肪率が30%以上

隠れ肥満なんていう言葉を聞いたことがあると思いますが、見た目には細身だったり全く太っているようには見えなかったりする人でも体脂肪率が高すぎる隠れ肥満の人がいます。体脂肪計を使って計ってみましょう。

体脂肪率(女性)
18~39歳 40~59歳 60歳以上
痩せ型 ~20% ~21% ~22%
標準― 21~27% 22~28% 23~29%
標準+ 28~34% 29~35% 30~36%
肥満― 35~39% 36~40% 37~41%
肥満+ 40%~ 41%~ 42%~

ウエストが90cm以上の人

メタボリックシンドロームの判定に用いられるのが、内臓脂肪体積です。女性の場合は、ウエスト周り90cm以上がボーダーライン。さらに中性脂肪、血圧、血糖値が基準を超えているとメタボシックシンドロームという判定になります。

ダイエットによる抜け毛を改善する方法

ダイエットの必要がないのに無理なダイエットをしてしまった結果、抜け毛の症状が出てしまったという人。ダイエットによる抜け毛を改善する方法を紹介します。

食生活の改善

食べないダイエットは今すぐにやめてください。身体も髪の毛も栄養不足に陥っているのかもしれません。食事はバランスよく3食食べるようにしてください。最近の研究では、カロリーを抑えることはダイエットに効果がないことが分かってきています。大事なことは「いつ食べるのか」「どのように食べるのか」「何を食べるのか」です。

いつ食べるのか

カロリーを抑えるよりも血糖値を抑える方がダイエットには効果的です。そこで、1日の中でも血糖値が下がりやすい時間帯に3食摂るのがおすすめ。朝は6時から7時、昼は10時から11時、夕食は16時から17時です。

あくまで理想の時間帯なので、職種によってはこの時間帯に食事を摂るのが難しいという人もいるでしょう。せめて、BMAL1という脂肪を体に蓄える作用のある肥満遺伝子が働く夜の22時以降は食べないようにしましょう。このBMAL1は、午前2時から4時が最も強く働きます。

どのように食べるのか

食べる順番を変えるだけでも、ダイエットに効果的です。お腹がすいている時などは、どうしてもごはんやパンなどを先に食べたくなってしまいますがこれが太る原因です。食事を摂る時は水分→食物繊維→たんぱく質→炭水化物の順番がGOOD!

例えば、ランチに和食セットを注文したとします。
味噌汁…汁物を先にいただくことで、満腹感が出て食べ過ぎを防ぎます。
サラダ…脂肪の吸収を抑えて、血糖値も下げる効果があります。野菜は美容にもいいですね。
魚…髪や皮膚には欠かせないたんぱく質をしっかり食べましょう。
ごはん…血糖値を上げてしまう炭水化物も、最後に食べることで吸収を穏やかにします。

何を食べるのか

髪の毛の成長を助ける食事を意識して食べることで、ダイエットによって起こった抜け毛を改善できます。中でも、髪の毛を作るのに欠かせない栄養は意識して取り入れましょう。

たんぱく質…動物性たんぱく質である牛肉、豚肉、鶏肉、卵、牛乳など。植物性たんぱく質である豆類、トウモロコシ、ごまなど。植物性たんぱく質である大豆製品は、女性ホルモンのイソフラボンと似た働きをします。
ビタミン…緑黄色野菜や青魚に多く含まれています。
亜鉛…牡蠣などの貝類、ウナギ、肉類などに多く含まれています。

サプリメントで栄養を補う

生活が不規則な人や、食事を見直すのは難しいという人にとっての救世主がサプリメントです。偏った食生活になっても、足りない栄養を補うことができます。しかし、サプリメントだけで生きていこうとするのは逆効果なので絶対にやめてください。

サプリメントは日々の食事で不足した栄養を補うものだということをよく理解して、1日3食しっかり食事を摂るようにしましょう。髪の成長に効果的な人気のサプリメントの成分として、イソフラボン、カプサイシン、ノコギリヤシ、亜鉛、アルギニンなどがあります。

体を温める

身体が冷えていると血行が悪くなったり肩や首のコリを招いたりします。どちらも血液によって酸素や栄養が毛根に届くのを阻害して、薄毛の原因になるので身体はなるべく温かくしましょう。効率よく身体を温めるのは「頭寒足熱」です。これは、頭よりも下半身や足先を温めるという意味。

いくら上半身を温めても、足先が冷えていると血の巡りが良くなりません。身体を温めるには頭から遠くて無関係に思える、足先から温めるのがカギ!半身浴や寝るときに湯たんぽを使うと、頭寒足熱の状態が作れるので体全体を温められますよ。

水分補給

身体の約50~60%は水分でできています。身体が水分不足になれば、血液はドロドロになって血行が悪くなりますね。血行が悪ければ髪の毛に酸素や栄養が届かなくなります。人間は4~5日水分を摂らずにいると死んでしまうくらい必要なものなんです。

1日に必要な水分摂取量は約2ℓと言われており、水分は野菜やスープなどからも取れるので実際に飲む量は1.5ℓが良いとされています。冷たい水を飲むと身体が疲れたり冷えたりするので、常温か白湯で飲むことがおすすめですよ。

有酸素運動

運動するとストレス発散!血行促進!基礎代謝力のアップ!など、髪にもダイエットにも良い効果が期待できます。運動の中でも、抜け毛が気になるなら有酸素運動がおすすめ。血中酸素濃度が上がることで、髪の成長に必要な酸素や栄養が届きます。

有酸素運動は軽いジョギングやウォーキング、ヨガなどのリラックスしながら自分のペースでできる運動なので、誰でも気軽に始められて続けるのも苦にはなりませんね。

ダイエットの抜け毛をシャンプーや女性用育毛剤で改善!

ダイエットによって起きた抜け毛は、シャンプーや育毛剤でも解決することが可能です。ただし、目的に合ったシャンプーや女性用育毛剤を選ばなければ意味がないので、選ぶときのコツを説明しますね。

頭皮に優しいシャンプーを選ぼう

シャンプーは頭皮に優しい成分のものを選びましょう。ドラッグストアなどで安く売られているシャンプーは高級アルコールを洗浄成分としたものが多く、洗浄力がとても強いので必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまうことがあります。

ダイエットによる抜け毛をどうにかしたいなら、洗浄力の優しいせっけん系かアミノ酸系のシャンプーがおすすめ。抜け毛対策用のシャンプーは、ほとんどがこれらのような優しい洗浄力の成分が使われています。

女性用育毛剤を選ぶときのポイント

今、たくさんの種類の女性用育毛剤が市場に出回っていますが、どれを選んでよいのかわからないですよね。育毛剤を選ぶときには次のポイントをチェックしましょう。

  • 無駄な添加物が入っていないか
  • 肌に優しい成分でできているか
  • 効果は期待できるのか
  • 返金制度は設けられているのか
ベルタ育毛剤
ベルタ育毛剤は、ダイエットによる抜け毛にもおすすめの天然由来成分が53種類も入った無添加の育毛剤。成分をナノレベルまで超微粒化しているから、浸透率がすごい!浸透率がすごいから、効果を実感している人が多いんですね。さらに。90日間は返金可能なので、じっくりと効果を確かめて実感できなければ全額かえって来るのも安心して使えるポイントです。

まとめ

無理なダイエットや間違ったダイエットは、栄養不足によって髪の抜け毛を引き起こすことがあるので要注意!本当にダイエットの必要があるのかを今一度確認しましょう。そもそもダイエットの意味は「食事や運動管理によって健康な体作り」です。痩せるためだけに使われる言葉ではありません。

それでも、ダイエットによって起きてしまった抜け毛を改善するには、食生活の改善や身体を冷やさないこと、適度な運動を行いましょう。ダイエットの抜け毛は栄養不足!栄養不足の時は頭皮に優しいシャンプーと、育毛成分の入った女性用育毛剤も効果的です。