女性のびまん性脱毛症の症状・原因・治療方法

今、女性でも薄毛で悩まされている女性が増えてきています。中でも、びまん性脱毛症は30代以降の女性に多く発症しています。ここでは、びまん性脱毛症の症状はどんなものなのか、その原因と治療方法について説明します。

びまん性脱毛症って何?

髪が抜けてしまう症状には、いくつも種類があります。男性型脱毛症AGA、円形脱毛症、脂漏性脱毛症など、原因は様々です。びまん性脱毛症は女性男性型脱毛症FAGAとも呼ばれていますが、この名前からはどんな脱毛症なのか想像しにくいですよね。では、どんな症状がびまん性脱毛症なのでしょうか。

全体的に(特に分け目)薄くなる

男性型脱毛症いわゆるAGAによる薄毛は、M字やU字あるいは頭頂部がハゲてしまう症状が一般的です。しかし、女性のびまん性脱毛症の場合、男性とは違って髪の毛全体が薄くなっていきます。特にいつも分け目にしている箇所は、地肌が透けて見えてしまうほど薄くなることもあります。

抜け毛の症状のほかに、髪が細くなる、コシがなくなる、ツヤがなくなるなどの症状は出るものの、徐々に薄くなっていくため、気のせいかも?秋の抜け毛?というように、見逃してしまいがちな脱毛症です。そのため、進行するまで気づかないケースも多いのです。

びまん性脱毛症が起こるメカニズム

びまん性脱毛症は女性男性型脱毛症とも言われており、脱毛のメカニズムは同じです。女性は男性よりも圧倒的に女性ホルモンが多いものの、男性ホルモンも持っていますよね。この男性ホルモンはテストステロンと呼ばれ、5αリダクターゼの作用によって強力なジヒドロテストステロンに変わります。

このジヒドロテストステロンこそが、AGAの原因となる男性ホルモン。個人差がありますが、毛乳頭の受容体が脱毛シグナルをジヒドロテストステロンから受け取ると、ヘアサイクルが乱れて抜け毛の症状が起こります。この受容体は持っている人と持っていない人がおり、それは遺伝によるものではないかと言われています。

ということは、男性みたいにツルツルになっちゃうの?と心配になる人もいるかもしれませんが、安心してください。びまん性脱毛症になっても女性は減少するとはいえ女性ホルモンの分泌はされているので、抜け続けてなくなってしまうということは滅多にありません。

びまん性脱毛症が発症する原因

女性ホルモンのエストロゲン分泌が減少することで、男性ホルモンの影響を受けて発症するびまん性脱毛症。しかし、これは原因の1つでありびまん性脱毛症の原因は様々。では、どんな原因でエストロゲンの分泌が減少してびまん性脱毛症になってしまうのでしょうか。

ホルモンの乱れ

ホルモンバランスが乱れる原因として、加齢、更年期障害、卵巣の摘出などがあります。エストロゲンは髪の成長期を伸ばして、ハリコシのある健やかな状態にする作用があります。エストロゲンの分泌が急激に減ることで、髪の成長期が短くなり抜けやすくなるという症状が出てしまうんですね。

それに加えて、加齢によって毛包のコラーゲンが減少して髪が細く抜けやすくなるという、東京歯科医大の研究結果がニュースにもなりました。30代半ばから女性ホルモンは徐々に減少していき、50歳前後が閉経の時期だと言われているので、この年代がびまん性脱毛症を発症しやすい年齢だと言えます。

ストレス

男性ホルモンのジヒドロテストステロンを受け取ってしまう毛母細胞は、遺伝によって持っている人と持っていない人がいます。しかし、受容体を持っていたとしてもびまん性脱毛症を発症するのが遅い人と、若くして発症してしまう人がいます。

この違いは、生活環境が大きく影響していると言われているんです。特にストレスは自律神経のバランスを崩してしまうので、血管が収縮して髪に必要な栄養や酸素が届けられなくなります。他にも、ストレスによって睡眠不足になることで成長ホルモンが分泌されないなどの問題も、びまん性脱毛症に繋がります。

間違ったケア

頭皮環境の悪化も、びまん性脱毛症の発症の引き金になると言われています。抜け毛につながる頭皮環境としては次のようなものがあります。

頭皮の乾燥

洗浄力の強いシャンプーで洗ったり紫外線ダメージを受けたりしている頭皮は、頭皮がかたくなり新陳代謝がうまくできない、乾燥しやすくなって皮脂が過剰に分泌されるなどの問題が起こります。

皮脂汚れ

頭髪をちゃんと洗っていなかったり洗い方が間違っていたりすると、皮脂が酸化して頭皮へダメージを与えるだけでなく、マラセチア菌による皮膚疾患の原因にもなります。

出産やピル

妊娠している間、女性の身体はたくさんの女性ホルモンで満たされています。ところが、出産を終えると身体のホルモンバランスを元に戻そうと、男性ホルモンの分泌が増えます。これによって起こる脱毛症状を、分娩後脱毛症と言い、通常は半年から1年で治まります。

しかし、産後のダイエットや生活リズムの乱れによって身体の回復が十分でないと、1年を過ぎても抜け毛が収まらないことも。また、ピルもホルモンに作用する薬なので、服用を自己判断で中止したりすると脱毛症状が出てしまいます。

食生活

食生活で髪の毛に必要な栄養が不足していると、びまん性脱毛症の発症リスクを高めます。1人暮らしなどでインスタントやファストフードの食事が多い、食べないダイエットをしているなど、バランスの悪い食生活は髪の毛にも悪影響なのです。

人間の身体は、髪の毛よりも生命の維持を優先します。身体が摂取した栄養が偏っていれば、身体はその栄養を髪の成長には使いません。これによってヘアサイクルが狂うと、髪の成長期が短くなりびまん性脱毛症に繋がります。

びまん性脱毛症を予防するには

びまん性脱毛症は、その原因を解決するだけでも十分治せる脱毛症だと言われています。男性よりも元々の女性ホルモン分泌量が多いので、男性のAGAよりも治しやすいんですね。では、びまん性脱毛症を予防するにはどんなことができるのでしょうか。

食生活の見直し

私たちは食事から栄養を取り入れ、その栄養によって身体を修復したり健康に保ったりしています。ですから、びまん性脱毛症を改善するなら、食事の見直しが大切!1日三食バランスよく食べることはもちろん、髪に良い栄養を積極的に食べましょう!

イソフラボン

大豆食品に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位になってびまん性脱毛症に。イソフラボンで女性ホルモンを補いましょう。

たんぱく質

髪を生成するのに必要なたんぱく質は、肉類や魚、卵、牛乳に多く含まれています。髪の90%はたんぱく質なので、必要不可欠な栄養素だと言えます。

ビタミンミネラル

頭皮の状態を健康に保ったり、たんぱく質から髪を作ったりするのに必要なビタミンミネラルも必要な栄養素です。ビタミンは緑黄色野菜から、ミネラルは牡蠣やレバーなどから摂取できます。

ストレスは発散する

ストレスを感じないようにするなんて言うのは不可能ですよね。むしろ意識して発散するようにできるので、ストレスは感じていた方が良いのです。一番の問題はストレスを感じていないふりをしていること。知らず知らずのうちに積み重なったストレスが、びまん性脱毛症の発症に繋がります。

ストレスを発散するには、趣味の時間を作る、美味しいものを食べる、ゆっくり睡眠をとる、適度な運動をするなど、リラックスしたり体を動かしたりすることがお勧め。運動は激しいスポーツではなく、ウォーキングでも有酸素運動が可能なので自分のペースで始めましょう。

ヘアケアグッズやケア方法の見直し

シャンプーをチェックしてみてください、ラウレル硫酸などの洗浄力が強い成分が含まれていませんか?せっけん系やアミノ酸系のシャンプーなら、頭皮に優しく洗えるので皮膚に問題が起こりにくいですよ。また、シャンプーは熱いお湯で流さない、髪を洗う際は爪を立てないという点に注意しましょう。

女性用育毛剤で頭皮環境を整える

育毛剤なんて男の人が使うやつでしょう?と思うかもしれませんが、薄毛に悩む女性は顔のスキンケアと並行して女性用育毛剤で頭皮のケアもされている人が多いです。頭皮を清潔にする、血行を促進する、保湿する作用のある女性用育毛剤を使うことで髪の毛が生えやすい頭皮環境へ導きます。

ca101薬用スカルプエッセンス
MAQUIAやMOREなど、有名女性誌でも注目を集めている人気の女性用育毛剤「ca101薬用スカルプエッセンス」!

1万人以上の頭皮状態を見てきた美髪アドバイザー田村マナ氏が開発に関わっており、その効果はTVや雑誌でも話題になっています。

初回50%オフ&30日間の返金保証がついているお得な定期便もあります♪

ca101薬用スカルプエッセンス(育毛剤)が口コミで評判なので効果があるか試してみました

2016.02.18

びまん性脱毛症かな?と思ったらクリニックへ

薄毛が気になる人はびまん性脱毛症かもしれませんし、別の脱毛症を発症している可能性があります。まずは専門の医師に相談し、抜け毛原因の解明と適切な治療を受けましょう。

ヘアメディカルクリニック

aac
ヘアメディカルクリニックは発毛専門のクリニックなので、びまん性脱毛症だけでなくあらゆる脱毛症の治療を行っています。だからこそ、様々な症例を見てきた専門の医師が、効果的な治療方法を見出してくれます。

女性で薄毛になって、恥ずかしくて誰にも相談できずにいた人も、ヘアメディカルクリニックなら女性専門クリニックや男性とは別になった待合室などの女性に配慮した作りになっているのでストレスなく通院できる!

さらに、初めての人はカウンセリングが無料なので、治療に対する不安や疑問を解決してから治療を開始できるのもヘアメディカルのお勧めポイントです。

びまん性脱毛症の主な治療法

もし、今の抜け毛がびまん性脱毛症だと診断されたら、どんな治療方法を受けることになるのでしょうか。クリニックによって治療方法は異なりますが、主な治療方法を紹介しますね。

ヘッドスパ

美容室でもできるヘッドスパですが、ヘッドスパを行うことによって髪に良い効果がたくさんあるんですよ。

  • マッサージによる血行促進
  • リラックス効果でストレス解消
  • 皮脂汚れの除去
  • 乾燥して硬くなった頭皮を保湿して柔らかく

髪の毛が健康に成長しやすい頭皮環境を整えることで、太くてコシのある髪の毛を育てて薄毛を解消!また、ヘアトリートメントでキューティクルを整えてツヤのある美しい髪へ導きます。

服用薬や外用薬の処方

女性のびまん性脱毛症は男性ホルモンの作用が大きいのですが、男性の使うプロペシアのような男性ホルモンの働きを抑える薬は危険なので使用できません。ですが、女性男性型脱毛症に悩む人が増えていると同時に、女性用の発毛治療薬も発売されるようになっています。

服用薬 パントガールなど
外用薬 パントスチン、ロゲイン、リアップなど

注射

メソセラピー

メソセラピーというのは、注射器を使って直接薄くなっている箇所に薬剤を投与するやり方です。服用薬のような身体への副作用が少なく、外用薬よりも効果が高いのでとても効果的。しかし、治療費が服用薬や外用薬に比べるとかなり高くなってしまい、治療をやめると再び薄毛に戻ってしまう点がデメリットです。

ハーグ療法

成長因子が含まれるハーグパウダーと、メソセラピーでも用いられる発毛剤をブレンドしたものを注入します。頭皮の下にありつつも眠っている幹細胞を活性化させ、細胞レベルから治療していくものです。治療を中止しても効果が続くというのが最大のメリットですが、やはりこの治療方法も高価になります。

自毛植毛

襟足などの薄毛が目立たない箇所から、自分の毛を毛根ごとくりぬいて移植する方法です。自分の毛を移植するので、拒否反応の心配がなく移植後はメンテナンスが不要になり、自然な仕上がりになるのが最大のメリット。

また、一昔前まではかなりの痛みを伴う手術でしたが、植毛ロボットを採用するクリニックが増え、手術時間も痛みも最小限にすることができるようになっています。手術自体は高価なものになりますが、メンテナンスや薄毛治療費がかからなくなることを考えると効率的な治療法かもしれません。

まとめ

女性のびまん性脱毛症は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが主な原因です。そのため、女性男性型脱毛症とも呼ばれますが、男性のAGAのように男性ホルモンに作用するプロペシアのような発毛薬は服用することができません。このような薬は、女性の身体にはデメリットの方が大きくなってしまうのです。

しかし、女性のびまん性脱毛症でも、クリニックでの治療で改善することは十分可能!男性よりも改善率は高いのです。まず、何故びまん性脱毛症を発症しているのか、食生活や生活習慣を見直しましょう。それでも改善が難しい場合には、早めに発毛専門クリニックで医師の診察を受けることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です