びまん性脱毛症育毛剤の女性がよく使う女性用育毛剤とシャンプーの特徴

びまん性脱毛症は全体的に髪の毛が薄くなるのが特徴です

びまん性脱毛症は、更年期前後から症状が出始めることが多く、加齢とともに減少する女性ホルモンが原因とも言われていますが、そのほかにもストレスや食生活、またよく使う洗浄力の強いシャンプーなども原因となります。
改善方法は、女性用の育毛剤や育毛用のシャンプーを利用して頭皮のケアをおこない、専門医に相談するとよいでしょう。

女性に多いびまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症とは、抜け毛が増え髪の毛のボリュームが落ちてしまう症状のことをいいます。特につむじ周辺のボリュームがなくなり、毛髪が薄くなり地肌が見えるようになります。
男女問わず現れる症状ですが、特に30代後半以降の女性に多く発症するのが特徴です。
改善方法としては、ストレスをためずバランスのよい食生活とともに育毛剤を併用すると効果的です。

びまん性脱毛症のメカニズム

加齢とともに女性ホルモンの分泌量が減少することで、髪の毛のコシやボリュームが減少することでびまん性脱毛症が起こります。加齢が原因となるので、ボリュームダウンした状態を放置していると、症状が悪化してしまいます。
効果的な解消方法は、女性ホルモンの分泌量を安定化させるため、女性ホルモンに分子構造が似ている大豆イソフラボンを摂取すると効果的です。

女性ホルモンの効果的な摂取方法

大豆イソフラボンが効果的と言われていますが、口から摂取した女性ホルモンが頭皮に配合される量は限定的になってしまいます。特にびまん性脱毛症に作用させようと思うと、相当な量の大豆を摂取する必要があるので、あまり現実的ではありません。そのため口からではなく、頭皮に直接有効成分を浸透させれば、成分量が少なくても体に悪影響も与えず、効果的です。

頭皮を健康に保ち育毛剤を使用すると効果的

髪が薄いと実年齢よりも老けて見えてしまいます。髪の量が減りハリとコシもなくなっていくと、思うようにスタイリングができなくて、貧相に見え肌のたるみを強調してしまいます。
対処法は、女性用の育毛剤や育毛シャンプーが効果的ですが、それ以外にも栄養バランスを整えることや洗浄力の強いシャンプーをよく使う場合には控えるなどの対策も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です